ウォーターサーバーやペットボトルの水と水道水はどっちが安全?

食べ物や食品の安全性について色々なニュースがあります。

では、
お水の安全性について
水道水 と ウォーターサーバーやペットボトルの水とではどっちが安全かわかりますか?

 

ぬうマッチョも、以前は水道水とウォーターサーバーやペットボトルの水とではどっちが安全か?よくわからず
お水の安全性のことを聞かれるとなんとなく憂鬱な気分になっていましたが、

 

ここで紹介する考え方を基準にすれば
簡単に どのお水が安全かわかるようになり
消化器官や体が未熟な 子どもや赤ちゃんでも 安心して飲める水のことがわかります。

 

はじめて子どもを授かった時、
愛妻と一緒に考えたことは 赤ちゃん、胎児、子どもにとって
良いモノ と 悪いモノのことでした。
防腐剤などの食品添加物や
お肉やお魚とか野菜とか、スーパーで売られている食料品の産地には敏感になりました。

今、孫が生まれて
孫のミルクを作る時に考えたことが「この水は本当に安全か?・・・」ということでした。

 

お肉やお魚とか野菜とか、スーパーで売られている食料品の産地には敏感になっていたけれど

お水に関しては無頓着な気がしました

しかし、自分が口にする水、体のつくりが未熟な赤ちゃんが口にする水
に関してほとんど知りません。。。っていうのはちょっと問題だと思います

 

わかりやすく説明しているので ぜひ一度一緒に考えてみてください。

 

 

 

子ども earthwaterを飲んでみた

 

 

スポンサードリンク

 

健康 美容 美肌に最適な水は?

 

●水道水とペットボトルやウォーターサーバーの水って、
どちらが安全かご存知ですか?

 

 

家庭の蛇口をひねると出てくる水道水ペットボトルやウォーターサーバーの水では
どちらが安全かご存知ですか?

 

「それはモチロン!ペットボトルやウォーターサーバーの水!
値段もそれなりだし、『水道水は汚れている。衛生面で心配。』ってよく聞くから!!」
正解です!・・・と言いたいのですが、実は正解とは言えません。

 

『買うお水の方が安全。』って思って買っている人も多いと思います。
色々と場合や状況によりますが、法律を切り口に見ると
水道水の方が安全なんです。

それだったら

ペットボトルやウォーターサーバーの水は安全じゃないのか?

本当に水道水の方が安全なのか?

よくわからない 「水」の安全性について

水まわりの専門家
救水戦隊スイセンジャー!のぬうマッチョ!!が わかりやすく解説します!!

 

備蓄水 必用量と確保の仕方 ペットボトル

 

●水道水の方が安全面で審査が厳しい

『水道水は汚れている。衛生面で心配。』っていうのは、実際はそんなことは無いってことか?

 

テレビ番組とかCM、サイトで
『水道水は汚れている。衛生面で心配。』
『塩素が沢山使われていて 有害性がある。』っていうことをよく観ます

 
少し古い事例 塩素濃度や古い水道管の事例 不衛生な貯水タンクの事例など
テレビやサイトがわざと水道水に悪いイメージを与えているようにも見えますが

本当は水道水はとても安全なんです!

 

何で水道水は安全か?

水道水には水道法という、ペットボトルやウォーターサーバーの水よりも
安全基準が厳しい法律が適用されています。

 

詳細は
「水道水は安全か?ミネラルウォーターと比較してみました」

をご覧ください。

 
「水道法」と「食品衛生法」とあり
実は水道水ペットボトルやウォーターサーバーの水で適用されている法律が違うんです。
水道法の方が、食品衛生法よりもずっと安全性に関するチェックが厳しいのです!
水道水は各家庭に必ずあり、毎日飲み、使うモノだからチェックが厳しいのは当然だと思いませんか?

 

最新の知見により常に見直しをすることにより 新しい情報も取り入れ安全を保っているのです。

水道法で定められている水質基準は、

評価値の算定に当たっては、WHO 等が飲料水の水質基準設定に当たって
広く採用している方法を基本とし、食物、空気等他の暴露源からの寄与を
考慮しつつ、生涯にわたる連続的な摂取をしても人の健康に影響が生じな
い水準を基として設定している。

 

参照: 厚生労働省 「水道法水質基準等の設定の考え方について」 より

 

水道水の水質基準は

人が、生活するうえで必要な飲料水を毎日飲み続けても、
一生涯、健康を損ねることのない、
安全な水道水を供給するための厳しい基準で成り立っています

 

海外に比べ、日本の水道水に関する規定や取り組み、実際の品質、安全性は世界トップレベルなんです。
スゴイ ですよね~

 
海外とかの話を抜きにしても
単純に「水道法」と「食品衛生法」を比べても、
お水に対するチェック項目やチェックの厳しさは、
「水道法」の方が約3倍も項目が多く、チェックレベルは 2.5~4倍近く厳しいのです。

 

水道水の方が断然に安全ってことなんですか?

 

じゃあ、水道水の方が断然に安全ってことになるのか?

ハイ! と言っても、それはあくまでも
「水道法」と「食品衛生法」 2つの法律の基準を比較してのことなので、
お水そのものの品質や安全性とは別に考えた方がいいです。

 
この法律を基準とした話だけ聞くと全部の水道水が全部のウォーターサーバーとペットボトルのお水の3倍4倍安全性が高いと勘違いそうですよね。
それが最初に言った あくまでも法律上は・・・という意味です。

普通の水道消費者は 実際に水道水が出てくる蛇口や、その前の水が送られてくる水道管まで
「どうなっているか?」なんて全部を細かくチェックできないのです。

あと、昔ニュースで話題になった「マンション・アパートの貯水タンクの安全性」
の問題なんかもあります。

小さいマンションだと、貯水タンクまでが水道法の範囲内で
その先の配管や水質については マンション、アパートの建築主の責任となり水道法の範囲外となる場合があります。

「え・・・?そうなの?ウチは大丈夫?」となるかもしれませんが

それは安心してください。大丈夫です。
100%保証できるものではありませんが、
そこまで過剰に心配する必要はありません。

昔ニュースでとても怖い事件がありましたが、あれは本当に例外中の例外で、
マンションの貯水タンクには厳重に蓋がされているところがほとんどです。
最近のマンションなどは 直結増圧システムで 貯水タンクがないところが増えてきています。

「でも 一応 心配だから、自分のマンションは貯水タンクがあるか?
どういう風に管理されているか?調べた方がいいよね~」という

意識と行動は消費者としてとても大切です。

 

● じゃあ 本当に安全な水って一体どれなの?

 

なんか心配したらキリがなくなって水道水ウォーターサーバーやペットボトルのお水
どっちが安全だかわからなくなってきちゃいますよね。

 

そこで考えるのは「お水が口に入るまでの過程」を基準に考えるといいと思います

お水が自分の口に入るまでの過程をどこまで知り得ることができるか?ってことです。

 

質問です。
ご自宅の水道水はどこの水を使っているかご存知ですか?

 

 
「全然しらないわ。よく考えたらとても大事なことなのに・・・」
「あまり意識していないわ。」

と答える方が大半です

今はインターネットがあるから簡単に調べらることができます。
例えば東京都に住んでいれば 東京水道局のホームページにアクセスすれば、
色々詳しい情報が公開されています

 

 

東京都水道局 HP

東京都水道局のホームページはこちら

 

水源について調べるなら ↑(矢印)

「水源・水質」 を クリックして

 

←(矢印)

「東京の水道水源と浄水場別給水区域」 を クリックすると

 

「東京の水道水源と浄水場別給水区域」

 

「東京の水道水源と浄水場別給水区域(平成25年2月現在)」

でわかります。

 

「東京の水道水源と浄水場別給水区域」

 

 

こうやって調べれば、自分の住んでいる地域の水道水はどこの河川の水を水源として
どこの浄水場をから水道水を飲んでいるかわかるようになっています。
インターネットって やっぱり便利ですね。

 

それと もうひとつ。
大事な浄水のシステムですが
こちらもしっかり解説しているページがあります

 
東京都水道局 高度浄水システム

 
こういった目に見える情報を手に入れただけでお水の安全性が保証されるものではありません。

しかし、自分が口にする水に関してほとんど知りません。。。っていうのはちょっと問題だと思います。

お肉やお魚とか野菜とか、スーパーで売られている食料品の産地には敏感だけど
お水に関しては無頓着な気がしますよね。

たぶん、ほとんどの方は『自分の家の水道水の源流はどこですか?』って質問しても
きっと分からないと思います。

 

さらに、水質検査の結果を調べることもできます。

 

 

総トリハロメタン 数値

 

 

 

● どっちが安全かは住んでいる環境によって違う

つまり水道水でもウォーターサーバーや浄水器のお水でも、どれが安全かどうか?は住んでいる家、環境によって 変わってくる可能性があります。
ただし、一般的には水道水の方が安全だとは思います。
それはあくまでも「比較すればの話」で、
水道水もウォーターサーバーやペットボトルのお水も安全です。

 

水まわりの専門家として 注意 しておきたい環境は

  • 都内の住宅密集地にある ビルやマンション
  • 社宅や会社で管理しているアパートやマンション
  • 横浜市 などの水道引き込み管が鉄管で行われていた地域

です

詳細は「水道水は安全か?不安になった工事現場例」を参考にしてください。

横浜市の水道管

 
まずは自分の家の水道水がどのように届けられているのか?
貯水タンクはあるのか?
それを踏まえた上で ウォーターサーバーや浄水器について調べて
自分が安全だと納得したモノを選んだ方がいいです。

 

●消化器官やデトックス(毒素排出)作用が未熟な赤ちゃんには

 

子ども earthwaterを飲んでみた

 

水道水は安全です。
しかし、子どもや赤ちゃんなどが口にするのはどうかな?と疑問を感じます。
赤ちゃんは 内臓器官 や消化器官がまだ未熟で
多少の塩素や 不純物質でも 子供の成長に 影響が あると思います 。

それを考えると 水道水よりも
古くから長年飲み続けられている天然水から 作り上げた RO 水 または ウォーターサーバーの方が
子供の体や子供の成長にはよく  自然水の方が体には良いと思います

それを考えるとやはり安全管理、品質管理がしっかりしたウォーターサーバーが 良いです。

 

孫ができた時、口うるさく娘に食べ物のことや
ベビーオイルのことなど 話ましたが、

「ちゃんと商品として売られているから問題ないでしょ~」と何も調べずに言っていた娘に
腹が立ち、徹底的に調べ 孫に安全性の高いモノを使ってもらうようにしています。

 

 

「ウザイ」とか「面倒臭い」と言われましたが、
この社会に生まれて 1,2年の未熟な赤ちゃんや子どもは身を守るための
知識も能力もありません。

子どもの健康を守るのは 親の役割です

消費者として、子どもの親としてしっかり調べた上で
自分が安全だと納得したモノを使う
それが本当に正しい安全なお水の選び方だと思います。

 

健康 美容 美肌に最適な水は?

 

【まとめ】

今回ご紹介したお水の安全性の考え方を使えば、
お水の安全性について簡単にどのお水が安全なのか?がわかり、
消化器官や体が未熟な 子どもや赤ちゃんでも 安心して飲める水とは何か?がわかります。

 

●水道水とペットボトルやウォーターサーバーの水って、
どちらが安全かご存知ですか?

 

『買うお水の方が安全。』って思って買っている人も多いと思います。
色々と場合や状況によりますが、法律を切り口に見ると
水道水の方が安全なんです。

 

●水道水の方が安全面で審査が厳しい

 

『水道水は汚れている。衛生面で心配。』っていうのは、実際はそんなことは無いってことか?

 

テレビやサイトがわざと水道水に悪いイメージを与えているようにも見えますが

本当は水道水はとても安全なんです!

 

何で水道水は安全か?

水道水には水道法という、ペットボトルやウォーターサーバーの水よりも
安全基準が厳しい法律が適用されています。

 

水道水の方が断然に安全ってことなんですか?

 

あくまでも
「水道法」と「食品衛生法」 2つの法律の基準を比較してのことなので、
お水そのものの品質や安全性とは別に考えた方がいいです。

 

● じゃあ 本当に安全な水って一体どれなの?

なんか心配したらキリがなくなって水道水とウォーターサーバーやペットボトルのお水、
どっちが安全だかわからなくなってきちゃいますよね。

 

そこで考えるのは「お水が口に入るまでの過程」を基準に考えるといいと思います

 

● どっちが安全かは住んでいるところによって違う

水道水でもウォーターサーバーや浄水器のお水でも、どれが安全かどうか?は住んでいる家、環境によって 変わってくる可能性があります。
ただし、一般的には水道水の方が安全だとは思います。
それはあくまでも「比較すればの話」で、
水道水もウォーターサーバーやペットボトルのお水も安全です

 

ウォーターサーバーや浄水器について調べて
自分が安全だと納得したモノを選んだ方がいいです。

 

 

●消化器官やデトックス(毒素排出)作用が未熟な赤ちゃんには

 

水道水は安全です。
しかし、子どもや赤ちゃんなどが口にするのはどうかな?と疑問を感じます。
赤ちゃんは 内臓器官 や消化器官がまだ未熟で
多少の塩素や 不純物質でも 子供の成長に 影響が あると思います 。

消費者として、子どもの親としてしっかり調べた上で
自分が安全だと納得したモノを使う
それが本当に正しい安全なお水の選び方だと思います。

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*