ウォシュレット掃除!ノズルは清潔にしないとヤバイ

見なければよかったトイレ掃除の悲劇

  • 便座
  • 便器
  • タンク
  • 手洗い

を掃除して トイレ掃除完了~ 。
ふと 気になった ウォッシュレットのノズル。。。
のぞいてみると~
シャワー水道量 に 驚く

見なければよかった
そのままそっとして置きたかった

 

だけど このままでは 不衛生だから

 

よくよく調べると 不衛生なままでは危険なことも多いことがわかりました。

 

トイレの神様も喜ぶ

  • ウォシュレットの掃除方法
  • ウォシュレットのノズルの掃除方法

救水戦隊スイセンジャー! ぬうマッチョ!!が教えます。

 

 

トイレ 掃除 ウォシュレット

● 【簡単方法】普段から汚れをためないように習慣つけよう

スポンサードリンク

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

 

 

使った後や、気がついたときにサッとでも
1日1回と決めてでも、思い立ったらすぐに掃除ができる工夫をしましょう。
汚れをためないことを習慣にすれば、
おそうじはもっと簡単になります。

 

 

そんなときに頼りになるのは トイレクイックルなど
拭いて流せるタイプの「お掃除ティッシュ」ですね。

ウォシュレット 掃除 便利 道具

 

なければ柔らかい布を水で濡らして十分に絞り
薄めた中性洗剤をつけたもので

 

(1)
便座の表面を拭きます。

 

ウォシュレット 掃除 便座

 

 

 

 

(2)
便座フタの表裏を拭きます。

 

ウォシュレット 掃除 便座フタ

 

 

ウォシュレット 掃除 便座フタ2

 

 

 

(3)
便座の裏側や便器との取付面を拭きます。

 

ウォシュレット 掃除 便座裏

 

 

ウォシュレット 掃除 便器

 

 

 

(4)
サッと 全体を水拭きして仕上げます。
便座と便ふたは、しばらく開けたままにして乾燥させておきます。

 

 

※※ 注意!※※

1
ウォシュレットやウォームレットは、電子部品を使っているので
水をかけるのは厳禁です。

2
プラスチック素材が使われているため、
アルカリ性や酸性の洗剤で拭くと割れたり、
変色するおそれがあります。
3
便器についた洗剤は確実に拭き取ってください。
拭き取らないと、便器用洗剤などの気化ガスがウォシュレット本体内に入り、
故障の原因になります。

 

4
乾いた布で拭くと、静電気でホコリを吸いよせてしまいます。
また、 便座・便ふたの表面に傷がつく場合があります。

 

 

■ウォシュレットのノズルの毎日簡単掃除方法

 

ウォシュレットは使用後、毎回 ノズルを自動洗浄しています。
しかし
弱い水流で流す程度なので
こびりついた汚れは、ノズル自体にどんどんたまってしまいます。
そのため定期的な掃除が必要になります。

■用意する道具

ぞうきん または トイレクイックルなどのサッと拭ける「お掃除ティッシュ」
(トイレットペーパーは水に溶けやすいので オススメできません)

■簡単掃除方法

多くのウォシュレットには「ノズル掃除機能」という機能がついています。
そのボタン、スイッチを押すとノズルが飛び出てきて、水でノズル自体を洗います。
弱い水で軽く流す感じなので「取れやすいもの」しか落とせず、
こびりついた汚れは、ノズル自体にどんどんたまってしまいます。
ノズル掃除機能を稼動させ、弱い水が出ている時に
ぞうきんやトイレクイックルなどの「お掃除ティッシュ」などで拭き取ると簡単にキレイになります。

 

ウォシュレット ノズル掃除 簡単

 

 

 

 

● 【ていねいに掃除】

汚れが気になりだしたら(1週間~2週間)いつもよりていねいに
素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

 

●操作部などの細かい部分の汚れは、
綿棒か割り箸に布を巻いたものに、
薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭で仕上げます。

 

 

 

●割り箸の先に布を巻き、輪ゴムで止めたものを用意します。
布の代わりにトイレクイックルなどの「お掃除ティッシュ」を使うと便利です。

 

ウォシュレット 掃除 お掃除ティッシュ

 

 

ウォシュレット 掃除 すきま

 

 

 

 

 

 

● リモコン

リモコンの液晶部分にホコリがたまると、
表示が見えにくく操作しにくくなります。
ホコリが目立ってきたら、さっと水拭きするようにしましょう。
スイッチを押しても反応がないときは、まず電池を交換してみてください。

 

 

ウォシュレット 掃除 リモコン

 

 

 

●脱臭フィルター

便座の裏に脱臭フィルターが付いているタイプがあります。
効率良くニオイを吸収するためにも、月1回はおそうじしてください。
(取り外し方は取扱説明書をご覧下さい。)

 

(1) 付着した汚れは歯ブラシでこすり落とすようにすると簡単に取れます。
(2) 汚れがひどい場合は、水洗いしてから、水気を完全に拭き取ります。水気が残っていると、ホコリがつきやすくなりますので注意してください。

 

ウォシュレット 掃除 脱臭フィルター

 

 

■ウォシュレットのノズルのていねいな掃除方法

■用意する道具

・ ぞうきん または トイレクイックルなどのサッと拭ける「お掃除ティッシュ」
(トイレットペーパーは水に溶けやすいので オススメできません)

 

・ 古ハブラシ

 

 

 

■掃除方法

(1)

ノズルおそうじ機能付タイプのものは電源を入れ、
「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを出します。

ノズルおそうじ機能がついてないものは電源を切って
ノズルを軽く引き出します。

 

 

ウォシュレット ノズル掃除

 

(2)
薄めた中性洗剤を含ませた布で拭き取ります。
このとき、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、
回したりしないようにします。

 

 

ウォシュレット ノズル掃除 ていねいに

 

 

 

(3)
古ハブラシで先端を軽くこすります。

 

ウォシュレット ノズル掃除 ハブラシ

 

 

 

(4)
もう一度「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを収納します。

 

 

● 【さらにていねいに!】

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。

 

一度、徹底的にキレイにすると
日頃から汚さないように気をつけるようになります。

 

 

● 便座・便ふたのすき間

(1) 便座・便ふた着脱で取り外します。取り外し方は取扱説明書をご覧ください。

(2) 便座・便ふたの本体取付部の間はホコリがたまりやすいところです。
水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた中性洗剤をつけるか、トイレクイックルなどの「お掃除ティッシュ」で拭き、水拭きで仕上げます。
細かいところは、綿棒か割り箸に布を巻いたものを使います。

 

ウォシュレット 掃除 細部

 

(3) 同様に、ホコリがたまりやすい便ふたのフチを拭きます。

 

 

※注意!※

「便座・便ふた着脱」「本体着脱」は、機能付のみとなります。

 

 

● 本体と便器のすきま

ホコリや汚れがとてもたまりやすい部分です。

(閲覧注意)

 

 

 

 

 

ウォシュレットと便器のすきまの汚れ
本体ワンタッチ着脱機能がついているタイプ、ウォシュレットとのすきま掃除がしやすい「リフトアップ機能」がついているタイプは、簡単にお手入れできます。

 

(1)
本体着脱ボタンを押して、本体を前面に引いて外します。
取り外し方は取扱説明書をご覧ください。

 

「リフトアップ機能」
ウォシュレットの横にあるリフトアップボタンを引き出して
ウォシュレットを引き上げます

 

ウォシュレット リフトアップ機能 やり方

 

 

(2)
便座取付面は、小水が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、
悪臭の原因になりやすいです。

水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、
薄めた中性洗剤をつけて拭き、水拭きで仕上げます。

ウォシュレット リフトアップ機能 拭き掃除

 

 

(3)
便座とタンクの間や便座裏側も同様に拭きます。

 

 

(4)
「本体ワンタッチ着脱機能」
ウォシュレット本体の中心と便器の上にある取付プレートの中心を合わせ、便器面に本体をすべらすように押し込みます。「カチッ」と音がしたら取付完了です。

 

「リフトアップ機能」
静かに下げることができます
ウォシュレットの横にあるリフトアップボタンを戻します

 

■ウォシュレットのノズルが黒ずみ、カビなどでひどく汚れている場合

尿や便 などの汚れに水あかが付着して黒くなってしまった
ウォシュレットのノズルは不衛生で、
肛門・性器の皮膚病の原因になるおそれもあります。
中性洗剤を使用してしっかり掃除しましょう。

■用意する道具

・ ぞうきん または トイレクイックルなどのサッと拭ける「お掃除ティッシュ」
(トイレットペーパーは水に溶けやすいので オススメできません)

 

・ 中性洗剤

・ 古ハブラシ

■方法

 

(1)
ウォシュレットのノズル掃除機能を稼動させて、ノズルに水が流れるようにします。

 

(2)
古ハブラシに中性洗剤を付けてノズルを優しくこすり洗いをします。汚れが落ちたら雑巾で拭きます。

 

ウォシュレット ノズル掃除 中性洗剤

【ウォシュレットのノズルの汚れを放置しておくと危険?】

ウォシュレットのノズルに付着する汚れは
大腸菌、緑膿菌、黒かび等の温床です。

そしてウォシュレットのタンク内の水は温水です。(36℃~38℃)細菌の繁殖にうってつけの温度です。その汚れたノズルの状態で使用したらどうなるのでしょうか。

 

● ウォシュレット は ばい菌の 温床か?

東海大学の松木秀明教授と片野秀樹研究員らの2009年の調査だ。この研究で、温水洗浄便座の温水タンク内に細菌が繁殖しやすいことがわかった。調査を企画した東海大健康科学部名誉教授の田爪正氣(せいき)氏は、細菌が発生するまでのメカニズムをこう明かす。

「温水タンク内にためられた水は、塩素消毒された水道水。それが37度から38度に温められることで、塩素が蒸発し、菌が繁殖しやすい状況になります」

調査では、08年の1年間、一般家庭のトイレを80カ所、公共施設やデパート、ファストフード店など28カ所の局部洗浄水を採取。その結果、一般家庭では水道の水質基準の平均31倍、公共施設では10倍の細菌が見つかった。不衛生だと思いがちな公衆トイレよりも、一般家庭のほうが3倍ほど細菌が多かった。

「温水洗浄便座を使用すればするほど、温水タンク内の水は循環し、塩素入りの水道水に入れ替わります。調査を行ったのは午後1時から3時の間。その時間だったら一般家庭より、公共施設のほうが使用頻度が高くなる。だから、デパートが開く前の朝10時などに調査すれば、同じくらいか、むしろデパートのほうが多くの細菌が発見されるはずです」(田爪氏)

参考:公衆より家庭のトイレが3倍不衛生 大腸菌に注意も

 

★ 最近では タンクがない瞬間(連続出湯)式があります。
温水ヒーターで瞬間的に加熱をして吐水する仕組みのタイプも多くあります。

 

 

● 女性は要注意!細菌性膣炎

トイレに行くときに、清潔に保とうと毎回、膣を洗浄していると
逆効果で、汚れたノズルに付いた細菌が膣に入り込んでしまい膣炎になる場合もあります。

膣内は常在菌である乳酸菌によって外部の雑菌の侵入から守られています。ウォシュレットを使いすぎると善玉菌である乳酸菌が流されてしまいます。そこにノズルからの雑菌が侵入し膣炎が発生してしまう可能性があります。
清潔なノズルの場合も、過剰な使用で膣内の常在菌が流れてしまいます。
洗いすぎにご注意を。ウォシュレットは短めに流す程度で十分です。

 

参照:女性のカラダの悩み
ウォシュレットを使い過ぎるとカンジダ膣炎になってしまうってホント?!

 

 

 

● 肛門に傷をつけてしまうかも

 

ウォシュレットの水圧が強すぎると、
肛門周辺に傷がついてしまうことがあります。

長時間ウォシュレットを使用し続けることにより、肛門の皮脂や、肛門に生息している常在菌を洗い流してしまうことになります。

 

便器内の衛生が保たれていない場合、その水圧で飛散した病原菌が直接肛門に付着してしまいます。これは大変危険です。

いつも清潔なノズルを使うことと
過剰な洗いすぎをしないことが大切です。

 

参考:ウォシュレットで肛門を洗い過ぎると、病気になってしまうって本当?

 

★ 洗いすぎに注意
膣や肛門 付近を守っている 良い善玉菌も流してしまい
雑菌が入りこんでします可能性もあります。
適度に使いましょう。

 

 

● やっていませんか?ウォシュレット浣腸

便秘気味だったり残糞感がある時によくやるウォシュレット浣腸。
ウォシュレット浣腸とはウォシュレットの水圧で肛門を刺激して便意を催させる行為です。

 

便意を感じる部分に水を当ててお通じのきっかけにしている方は結構いらっしゃいます。忙しい朝に手っ取り早くお通じを済ませてしまおうと考えているようです。しかし、正しい便意の催させ方はあくまで、早寝早起きと朝食であることを忘れてはいけません。ですからあまり感心しない方法です。

参考:医師に聞く!ウォシュレットの正しい使い方

 

★ 適度に使おう!
清潔に保つことも大切ですが、行き過ぎた強迫観念や不潔恐怖をもつ方も多くいます。
「完全におしりを無菌にしたい」とここまでの気持ちになってしまうと逆に傷めてしまうことがありますので
衛生面から言うと サッと洗う程度で十分です。

 

 

 

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

 

 

 

【まとめ】

● 【簡単方法】普段から汚れをためないように習慣つけよう

 

使った後や、気がついたときにサッとでも
1日1回と決めてでも、思い立ったらすぐに掃除ができる工夫をしましょう。
汚れをためないことを習慣にすれば、
おそうじはもっと簡単になります。

 

 

● 【ていねいに掃除】

 

汚れが気になりだしたら(1週間~2週間)いつもよりていねいに
素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

 

● 【さらにていねいに!】

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。

一度、徹底的にキレイにすると
日頃から汚さないように気をつけるようになります。

 

【ウォシュレットのノズルの汚れを放置しておくと危険?】

● ウォシュレット は ばい菌の 温床か?

● 女性は要注意!細菌性膣炎

● 肛門に傷をつけてしまうかも

● やっていませんか?ウォシュレット浣腸

 

★ 適度に使おう!
清潔に保つことも大切ですが、行き過ぎた強迫観念や不潔恐怖をもつ方も多くいます。
「完全におしりを無菌にしたい」とここまでの気持ちになってしまうと逆に傷めてしまうことがありますので
衛生面から言うと サッと洗う程度で十分です。

 

 

あふれだすアイデア!
豊富なエクスペリエンス!

子供の寝顔に 癒される!

救水戦隊スイセンジャー!ぬうマッチョ!!

快適生活を 守りぬく!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*