給湯器の凍結防止!保温材を厚くする方法と凍結防止帯電熱線を巻く方法

寒い冬場の給湯器の凍結

水道管の凍結は困ったものです。

今まで紹介した方法以外の方法で 簡単な

保温材を厚くする方法 と 凍結防止帯 電熱線を巻く方法を

救水戦隊スイセンジャー!ぬうマッチョ!が紹介します

給湯器の凍結防止以外にも
水道管や外水道、立水栓の凍結防止にも役立ててください。

 

給湯器 エコジョーズ 保温

スポンサードリンク

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

● 保温材の上からさらに保温チューブを巻く

給湯器の操作をしたり

水抜きをしたり 面倒なことをしなくても 単純に
給水管、給湯管の保温材を厚くすることにより外気の寒さから管を守ることができます。

 

現在巻かれている 保温材の上から さらに サイズの大きい保温チューブを巻きます。

 

 

保温チューブとは

ポリエチレンフォームが備える吸水性、断熱性、柔軟性、耐薬品性などの特性を活かした
配管保温保冷剤で、水道用の給水管の凍結防止、結露防止などに適しています。

保温材はポリエチレンフォームのほか

  • 硬質ウレタンフォーム
  • イソシアヌレートフォーム
  • ラバーフォーム
  • ブタン

などがあり、建築現場では用途に応じて使いわけています。

ポリエチレンフォームの連続使用配管温度は -40℃~60℃
断続使用配管温度 70℃

となっており 熱湯などが通る配管の保温には向いていません。

 

イノアック 配管保温保冷材 ライトチューブ
通常のポリエチレンフォームの保温チューブです
配管に巻いたあと キャンバスという包帯のようなテープを巻きます

 

 

配管保温 キャンバス

キャンバスです

 

給湯器保温の巻き方 キャンバス

このように 下から半分ずつ重ねてまいていきます。

※ 上から巻くと テープの継ぎ目から雨などの水滴が入ってしまうので基本的に下から巻いていきます。

 

 

 

保温チューブ 配管保温保冷材 ポリエチレンフォーム ワンタッチ
ワンタッチ ポリエチレンフォームの保温チューブです

 

通常のポリエチレンフォームの保温チューブと違い
キャンバスを巻かずに
保温チューブと保温チューブの継ぎ目をビニールテープで巻いて
保温することができます

 

簡単なので こちらの ワンタッチタイプを使用すると良いでしょう。

 

 

保温チューブのサイズは?

・ VP13の配管には、通常保温チューブVP13用が巻かれています
その上にさらに VP25用の保温チューブを巻きます

 

・ VP20の配管には、通常保温チューブVP20用が巻かれています
その上にさらに VP40用の保温チューブを巻きます

 

給湯器凍結防止 保温材二重巻き

断面で見るとこのようになります。

配管の外側に一重目

その外側に 二重目の 保温チューブを巻きます。

 

● 凍結防止帯を巻く方法

 

凍結防止帯といわれる 配管に巻きつけるヒーターがあります

凍結防止帯 IFT HEATER

 

こういったものです。

 

凍結防止帯 巻き方

写真のように
配管自体に巻きつけ
その上から保温材や保温チューブを巻きつけて
凍結を防ぎます。

 

 

構造

凍結防止帯 構造   凍結防止帯 構造2

  • 電源プラグ
  • 電源コード
  • 接続部
  • 発熱帯
  • サーモスタット
  • 端末部

に分かれています

 

 

特徴

・取り付けがたいへん簡単です

配管にそわせ、保温してコンセントにつなぐだけで配管内の凍結を防ぐことができます

 

 

・安全面に充分配慮されています。

耐熱(105℃)塩化ビニル樹脂をヒーターの被覆に使用している為、
給湯配管にも使えます

 

 

・電力を効果的に使う設計です。

サーモスタットの働きで、水道管の温度が約3℃まで下がると通電します。
通電後、水道管の温度が上昇し、約10℃になると通電を停止します。
配管の温度を適切に管理すると同時に、常にヒーターへの通電を自動的にコントロールするので、
無駄な電力消費をなくすことができます。

 

 

・信頼性の高いサーモスタットが組み込まれています。

信頼性の高いサーモスタットを使用している為、長年にわたって使用できます。(約5年を目安)

 

 

・品種が豊富にそろっています。

配管の長さに合わせて最適なものを選べます。

 

 

取り付け方法

 

  1. 発熱帯を配管のそわせて結束バンドで固定します
  2. サーモスタットを配管に密着させます
  3. 保温テープをテープ幅の1/2が重なるように下からまいていきます
  4. その上から保温材、保温チューブを巻きましょう
  5. コンセントにつなぎます

※ 保温テープ、保温チューブは 凍結深度(配管が凍るであろう深さ) まで巻いてください

 

凍結防止帯 取り付け方

 

 

※ 凍結深度とは ※
冬場に気温が0度以下に下がる地域では、地表から下の一定の深さまで凍結する。
この凍結する深さのことを「凍結深度」といい、地域によって深さが違う。

凍結深度より配管が浅いと水道管が破裂するおそれがある。

 

凍結深度の参考

北海道 地域 60cm~ 100cm以上

長野県 小諸市 60cm

長野県 軽井沢80cm

東京 地域 約 20cm

 

 

施工上の注意

・ヒーターが重なったり、接触しあったりしますと以上に温度が上昇しヒーターが溶けることがありますので特にご注意ください。ヒーターが余った場合でも無理に巻きつけずに空中に垂らしてください。その場合ヒーターを断熱材でおおったりしないでください。

 

・サーモスタットは必ずじかに配管に密着させ、ヒーター部と同じように保温テープで均一におおってください、水道管が屋外から屋内に通っている場合は必ず屋外側の配管に取り付けるようにしてください。

 

・管のサイズや取り付け方法によって保温テープが不足する場合があります。このような場合は別途購入してください。

 

・サーモスタット部は必ずヒーターを取り付けた配管に密着させて固定してください。

 

・一本のヒーターを2系統の配管にまたがせて取り付けしないでください。特に給湯管と給水管は必ず別々のヒーターをご使用ください。

 

・サーモスタットは配管の温度が約3℃まで下がってくると通電を開始します。通電後配管の温度が上昇し、約10℃になると通電を停止します。通電テストをする場合はサーモスタット部を氷等で冷やしてください。

 

・塩ビ管の場合は水を抜かないでください。
ポリブデン管やポリエチレン管の場合はDSR型(自己制御型)ヒーターをご使用ください。

 

・発熱帯を配管に巻きつけて取り付ける場合は必ず巻きつけ間隔が均一になるようにしてください。間隔が均一でないと、間隔がせまい部分では異常加熱事故の原因となり、間隔が広いと凍結事故の原因となります。

 

 

・配管サイズが15A~32Aまでの場合、付属の保温テープ以外の保温材を使用される場合はヒーターを巻きつけずそわせてください。また、ヒーターが余った場合も無理に配管に巻きつけたり、折り返したりしないでください。
※保温テープ以外の保温材を使用される場合は弊社営業までお問い合せください。

 

・ポンプや電磁弁の近くにサーモスタット部を取り付けないでください。誤作動や故障の原因になります。

 

 

※ 保守点検および交換できない場所(コンクリートへの埋め込み等)には絶対に使用しないでください。

 

※ 使用条件によっても異なりますが、ヒーターは5年を目安に交換してください。

 

 

凍結防止効果について (配管1mに必要なヒーターの長さ)

 

・管径(管の太さ) 15Aの場合

外気温 : -10℃
巻付間隔 : 350mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.02m

 

外気温 : -15℃
巻付間隔 : 111mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.17m

 

外気温 : -20℃
巻付間隔 : 63mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.46m

 

 

・管径(管の太さ) 20Aの場合

外気温 : -10℃
巻付間隔 : 228mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.07m

 

 

外気温 : -15℃
巻付間隔 : 84mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.42m

 

 

外気温 : -20℃
巻付間隔 : 58mm
配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.78m

 

凍結防止帯 1mに必要な長さ

参考:電熱産業株式会社

 

 

 

★給湯器の凍結防止方法は
給湯器の凍結防止方法!気温がマイナスになるときは要チェック!!

 

 

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

 

 

【まとめ】

● 保温材の上からさらに保温チューブを巻く

給湯器の操作をしたり

水抜きをしたり 面倒なことをしなくても 単純に
給水管、給湯管の保温材を厚くすることにより外気の寒さから管を守ることができます。

 

現在巻かれている 保温材の上から さらに サイズの大きい保温チューブを巻きます。

 

保温チューブとは

ポリエチレンフォームが備える吸水性、断熱性、柔軟性、耐薬品性などの特性を活かした
配管保温保冷剤で、水道用の給水管の凍結防止、結露防止などに適しています。

 

 

保温チューブのサイズは?

 

・ VP13の配管には、通常保温チューブVP13用が巻かれています
その上にさらに VP25用の保温チューブを巻きます

 

・ VP20の配管には、通常保温チューブVP20用が巻かれています
その上にさらに VP40用の保温チューブを巻きます

給湯器凍結防止 保温材二重巻き

 

 

● 凍結防止帯を巻く方法

 

凍結防止帯といわれる 配管に巻きつけるヒーターがあります

 

凍結防止帯 IFT HEATER

 

構造

凍結防止帯 構造   凍結防止帯 構造2

  • 電源プラグ
  • 電源コード
  • 接続部
  • 発熱帯
  • サーモスタット
  • 端末部

に分かれています

 

 

特徴

  • 取り付けがたいへん簡単
  • 安全面に充分配慮されている
  • 電力を効果的に使う設計
  • 信頼性の高いサーモスタット(温度制御装置)が組み込まれている
  • 品種が豊富にそろっています。

 

 

 

取り付け方法

  1. 発熱帯を配管のそわせて結束バンドで固定します
  2. サーモスタットを配管に密着させます
  3. 保温テープをテープ幅の1/2が重なるように下からまいていきます
  4. その上から保温材、保温チューブを巻きましょう
  5. コンセントにつなぎます

 

 

凍結防止帯 取り付け方

 

 

施工上の注意

・取扱い説明書、付属の説明書をよく読んでください。

 

 

凍結防止効果について (配管1mに必要なヒーターの長さ)

 

・管径(管の太さ) 15Aの場合

外気温 : -10℃~-20℃

配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.02m ~ 1.46m

 

 

 

・管径(管の太さ) 20Aの場合

外気温 : -10℃~-20℃

配管1mに必要なヒーターの長さ : 1.07m ~ 1.78m

 

 

凍結防止帯 1mに必要な長さ

 

 

 

あふれだすアイデア!
豊富なエクスペリエンス!

子供の寝顔に 癒される!

救水戦隊スイセンジャー!ぬうマッチョ!!

快適生活を 守りぬく!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*