熊本地震がまだまだ続いているなか、日本は地震大国だと思い知らされました
東日本大震災の教訓が活かされているかどうかと問題になってますが

災害時の備蓄水でどうやって確保するか悩んでいませんか?

ぬうマッチョ!!
家族が多いし、保存場所や収納場所も確保しなければいけないと
東日本大震災の時に悩みました。

水回りの専門家として
相談も受け、実践している方法があります

ここでご紹介する8つの対策を使えば、
災害時に困らない量の備蓄水を確保することができます。

 

水分が不足すると命にかかわります
熊本の震災では、車での生活をしている人も多く、
エコノミークラス症候群になる人がたくさんいました。
エコノミークラス症候群って、水分不足も原因のひとつなんです。

 

 

 

備蓄水 必用量と確保の仕方 ペットボトル

 

続きを読む