洗い方や料理方法で節約節水するキッチン!4,089円分削減できるお手軽方法

キッチン、台所では、料理、洗いもの、手洗いとさまざまな用途で水を使います。
水道利用量はトイレに次いで3位 家庭内で使用される水道量の17%となっています。

トイレやお風呂に続き キッチンの節水、節約方法を紹介します。

 

水道水の使い分け 水道水はそのまま使用しない

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

■キッチンでの節水方法

 

●お料理での節水

・野菜などは適切な水量で洗う。冷やす

食材を洗うためや冷やすために水をかける方法は流水ではなく、ボールなどの容器にためた水を使うようにしましょう。
夕食に使う野菜を冷やしたいなら、昼間に水に浸けておいて、水がぬるくなってきたときだけ交換すれば大丈夫です。

使用した水は食器洗いなどに有効活用しましょう

お鍋の水も、計量カップで計測してから入れれば、ムダな水を使わなくてすみます。

・節水を心がけた 茹で方

野菜や肉を茹でる料理のときには、アクの少ないものから茹でると節水になります。
例えば、冷しゃぶを料理するときは、まず先に添える野菜を茹で、野菜だけを取り出し、その茹で汁で肉も茹でます。

何度もお湯を沸かす手間を省き、電気代・ガス代も節約できます。

 

食材に含まれる水分を利用した料理でも、節水ができ。
圧力鍋などの短時間で調理を仕あげられる調理器具も節水になります。

・煮汁を無駄にしない

煮物を作るときは、少ない煮汁で煮るようにしましょう。
少ない煮汁で煮たほうが、味がよく染み込み、ホクホクとおいしい煮物に仕上がりますよ。

煮物の煮汁などを使って煮魚などの味付けに使ったりリメイク料理を作るようにしましょう

 

 

●洗いものでの節水

キッチンをキレイにしたいから洗いものをためないように、
食事が終わるたびに洗いものをしたいと思いますが、節水を考えるとそれはちょっと。。。

1日に何回も洗いものをすると、食器をすすぐために使う水がたくさん必要になります。
できるだけ洗いものはまとめてやるようにしましょう。

とはいうものの

食べた後の食器はすぐに洗わないと、汚れがへばりついてしまい
洗うのがとても困難になります。 そこで「つけおき洗い」をしましょう。

 

・水の出しっぱなしを避ける 「つけおき洗い」

食器を洗うときに、一番 もったいないのが水の出しっぱなしです。

お米のとぎ汁や野菜を洗った水は、捨てずに洗い桶にためておきましょう。
洗剤を数滴たらして時間を置いてから、その洗い桶の中で食器を洗い、
最後に軽く水ですすげば食器や洗いものはきれいになります。

最初に主な汚れを落とすだけでも、すすぎに使う水を節約でき、洗剤も少量で済みます。

 

さらに

洗い終わった食器を入れた洗い桶を用意し、蛇口の下においておくと、
すすぎながらもどんどん洗い桶に水が溜まり、ほかの食器の泡も落ちやすくなるので、
すすぎの効率があがります。

この方法ですと1回当たり約90リットルの節水ができ、
1ヶ月で約1,300円の節約ができます。

 

 

・ 油汚れは 「拭きとってから洗う」

カレーや油を使った料理の洗いものは
油汚れがたくさん付いているので
キッチンペーパーやティッシュでベトベト汚れをあらかじめふき取っておくと洗剤や水の量が少くなく済み 節水につながります
新聞紙や切り分けた牛乳パックでふき取ればキッチンペーパーやティッシュを無駄にしないので経済的です。最近では汚れを取る専用のヘラも売られています。

 

 

 

● お米の研ぎ汁 野菜の洗った水

米のとぎ汁は油汚れを落としたり土鍋などといった陶器のヒビの修復にも役立ったりします。
また、野菜の下茹でなどにも使うとあくが取れ美味しく仕上がります。
しかし、節水の面から言うと、米をとぐのはけっこうな水の量を使います。
とがなくても炊ける、無洗米を利用するのも良い方法です。

・米のとぎ汁に食器をつけてから洗う

1シーズン 510円 節約になります

米のとぎ汁に食器をしばらくつけておくと。汚れが落ちやすくなるので、
水道代の節約になります。 昔の人の 智恵ですね

 

・野菜を洗う水をおけに溜めておき、食器のつけ置きに再利用

調理の祭に野菜を洗った水は、洗いおけに溜めておきます。
そこに使った食器をしばらくつけておけば汚れ落ちがスイスイ。洗い流すときの水の使用量も節約できます。

1シーズン 約 383円の節約になります

 

■年間4,089円分の光熱費が削減できるお手軽な方法

キチンの光熱費を削減するお手軽方法

・落としぶたを有効活用する

煮物などの料理の際に落としぶた(木ぶた、アルミホイル、パラフィン紙等)を使うと、放熱する量が減るため、調理時間が半分以下になります。

※24cmの鍋で大根の煮物をした場合。水温18℃
各所要時間は落としぶた有り:17.9分、落としぶた無し:36.0分

年間の省エネ効果 2,835円(ガス)

 

・お湯は必要なときに必要なだけ沸かす

電気ポットでお湯を沸かし保温するよりも、使いたいときに必要な量だけコンロで沸かす方が、使うエネルギーが少なくてすみます。

※ガスコンロ 水温15℃の水を20cmのやかんで、1Lずつ3回沸かした場合。

※電気ポット 水温15℃の水を3L沸かし、1L使用。残り2Lを5時間保温、1L使用。残り1Lを5時間保温、1L使用した場合。

年間の省エネ効果 888円

・炎は鍋底からはみ出さないようにする

炎は鍋底からはみ出さない程度にするのが最も効率的。強火にすると、炎がはみ出した部分は、鍋には伝わらず無駄になる一方で、弱火では時間が長くかかるため、放熱量が多くなるからです。

※20cmのやかんで15℃の水1Lを沸かした場合。
各所要時間は強火:5.3分、中火:8.9分、弱火:30.9分

年間の省エネ効果 323円(ガス)

・鍋底の水滴を拭きとってから火にかける

やかんや鍋を洗った後、鍋底についた水滴を拭き取ってから火にかけると、使用するガス量が2%減になります。

※やかんに水滴が付着していない場合と5ml付着している場合の比較

年間の省エネ効果 323円(ガス)

参照: TOKYO GAS ウルトラ省エネブック キッチン編

■節水グッズも活用しよう

●節水コマの使用

台所や洗面所は、少々水の流れが弱くても不便はしません。キッチン下の止水栓を少し締めておいたり、蛇口のコマを節水コマ取り替えても良いでしょう。

 

キッチン シンク下

節水コマ

 

 

 

 

 

●食洗機の購入を検討する

 

食洗機は、少量の水と洗剤で、効率良く汚れを落とします。高温で洗うので、手洗いでは落ちにくいギトギト汚れもキレイに落ち、蒸気で高温殺菌されますので、普通に手で洗うよりも水を使わなくて済みます。

 

各メーカーが、さまざまなタイプの食洗機が発売されています。家族構成や必要な機能を考慮して、ご家庭に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

安くはありませんが、費用対効果、洗いものの時間を考えると 食洗機は一度考えてみる価値がありますね

 

食器洗い機の節水効果

参照: Panasonic 食洗機のメリット

 

 

●水量を抑制する 「首振り節水キッチンシャワー」

まずは、水量そのものを抑制する節水シャワーがあります。取りつけるだけで通常より約40~50%の節水効果を発揮します。

・節水キッチンシャワーに、首振り角度調整機能が付きた。1カ月でお風呂約 15杯分(3000リットル)の水を節約!

 

参考: 首振り節水キッチンシャワー

 

首振り節水キッチンシャワー 

 

 

 

 

簡単に水道代が安くなり生活費が節約できるトイレの節水方法|すぐに実践できる方法とプロのアドバイス はこちら

 

お風呂で節約!体もお財布も温まる方法|水道料金とガス代を3万円以上節約する! はコチラ

 

【まとめ】

キッチンでは洗いもの、料理方法、火の使い方 ちょっとしたことで節約につながります。
一工夫を大切に節水、節約していきましょう。

 

■キッチンでの節水方法

●お料理での節水

・野菜などは適切な水量で洗う。冷やす

・節水を心がけて 茹で方

・煮汁を無駄にしない

 

●洗いものでの節水

・水の出しっぱなしを避ける 「つけおき洗い」

・ 油汚れは 「拭きとってから洗う」

 

●お米の研ぎ汁 野菜の洗った水

・米のとぎ汁に食器をつけてから洗う

・野菜を洗う水をおけに溜めておき、食器のつけ置きに再利用

 

■年間4,089円分の光熱費が削減できるお手軽な方法

・落としぶたを有効活用する

・お湯は必要なときに必要なだけ沸かす

・炎は鍋底からはみ出さないようにする

・鍋底の水滴を拭きとってから火にかける

これだけでも 年間4,089円の節約になります。

■節水グッズも活用しよう

●節水コマの使用

●食洗機の購入を検討する

安くはありませんが、費用対効果、洗いものの時間を考えると 食洗機は一度考えてみる価値がありますね

●水量を抑制する 「首振り節水キッチンシャワー」

 

 

イケアのキッチン水栓は節水機能付!IKEAが応援するサステナブルとは?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*