お風呂で節約!体もお財布も温まる方法|水道料金とガス代を3万円以上節約する!

1日の疲れを癒やしてくれるのは、なんといってもお風呂です。
寒い冬場に心も体も温めてくれる癒しの場。
しかし、寒い冬は、とくに水道料金、ガス代の請求書に驚きます。

給湯器 凍結 焦る

 

水道料金、ガス代が高いために悩んでいませんか?

ぬうマッチョ!も、以前は水道料金、ガス代が高くて何とかならないかと憂鬱な気分になったりしていましたが、

ここでご紹介する節約方法使えば、お風呂で3万円以上の節約も可能になります。
簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

お風呂 シャワー 水道代 について

 

 

お風呂をかしこく使って、体もふところも温かくしましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

目次

■お風呂の節水方法・節約方法

 

● 少ない水でお湯を沸かすお湯張り方法

 

・お湯を浴槽で沸かす時は少なめにする

お湯を浴槽で沸かすときに、浴槽いっぱいにお湯を貯めていませんか?
それは水道代、ガス代の無駄使いになります。

給湯器でお湯張りができるご家庭なら、浴槽に入れる水量を設定出来るので、適量に設定しおきましょう。

シャワーの代わりに浴槽のお湯で体を洗ったり、顔を洗ったりして、効率的にお湯を使っていきましょう

 

 

・湯船を少ない水で多くお湯を沸かす方法

湯船を少ない水で多くお湯を沸かす方法はペットボトルを湯船に入れるだけで簡単です。
これだけで水道代とガス代の節約にかなり効果があります。

お湯を張るときは、水を入れた 2リットルのペットボトルを3~5本浴槽に入れておきましょう。
ペットボトルは、水を入れてからふたをしておきます。
浴槽に入れたペットボトルの容量の分だけ、浴槽にたまる水の量が少なくなるので節水につながり、
容量分だけ水かさ(お湯かさ?) が増えるので 肩まで お湯に浸かることができます。

浴槽にペットボトルを入れる節水

 

 

ポイントは、ペットボトルの水は捨てずに何度も利用します。
一回でペットボトルの水を捨ててしまっては節水の意味がなく、ペットボトルで浴槽を狭くしただけになってしまいます。

例えば200リットルの浴槽に10リットルのペットボトルを入れると、お湯の量は190リットルです。
ペットボトルの水を変えずに1週間毎日浴槽のお湯を変えると、必要な水は(190リットル×30日)+10リットル=5710リットルです。
ペットボトル無しだと200×30=6000リットルで、その差は290リットル。になります。

20リットル分のペットボトルを入れておくと

(180リットル×30日)+20リットル=5420リットル

ペットボトル無しだと200×30=6000リットルで、その差は580リットル。になります。

上下水道料金の合計は 1㎥ = 1000リットル あたり  東京都で 303円なので

1リットル = 0.3円とすると 1ヶ月 174円 年間 2088円になります

 

 

 

浴槽 ペットボトル 節水 節約

 

邪魔そうに見えますが 一人で入ると 足元の両サイドに6本づつ 6本×2 =12本 膝の下に3本 適当に浮かせて 3本
合計 18本のペットボトルがあっても それほど気になりません 18本×2リットル = 36リットル 分 でも それほど気になりませんでした。

 

36リットル分のペットボトルを入れておくと

(164リットル×30日)+20リットル=4956リットル

ペットボトル無しだと200×30=6000リットルで、その差は1044リットル。になります。

上下水道料金の合計は 1㎥ = 1000リットル あたり  東京都で 303円なので

1リットル = 0.3円とすると 1ヶ月 313円 年間 3756円になります

 

 

また、家族で一緒に入ると水が少なくても、

二人で入れば肩ぐらいまでお湯が増えガス代も節約できます。
子供と一緒に入るなどの工夫をすれば追い焚きの必要もなくなり水道代及びガス代両方の節約になります。

 

子供との素敵なスキンシップの時間にもなりますよ~

 

 

 

 

●入浴法で節水

 

 

・お風呂を沸かした時はシャワーは使わない

お風呂を沸かした時はシャワーを使わないようにするのもの節水方法のひとつです。
シャワーを使うとたくさんお湯を使ってしまいます。(1分間で12リットル)
お湯なのでその分ガス代も使ってしまいます。

その代わり湯船から洗面器でお湯を取り、頭や体を洗っていくことにしています。

 

 

・夏はシャワーだけにする

夏場は湯船に浸からないことが多いです。
誰も浸からないのにお風呂を沸かすのはもったいないので、夏にお風呂は沸かさなくても良い。
シャワーだけで済ます人も多くなりました。

お風呂を沸かした時はシャワーを使わないと書きましたが、
夏場はお風呂を沸かす量よりも夏にシャワーで使う水の量の方が少ないという場合は夏はシャワーだけで済ましましょう。

さらに、節水方法として節水シャワーヘッドに付け替えたり、
無駄を無くすため、使わない時は小まめに水を止めたり工夫します。

 

シャワーヘッド交換方法

 

 

・夏場に入浴するなら 半身浴

節水は積み重ねが大事なので一年中取り組むことが大事です。
特に夏場は水を使う量が多くなるので節水の効果が現れやすい時期と言えます。

それに、ダムなど貯水地域の降水量が少なかったり、冬場の降雪量がすくないと山やダムに貯まる水の量がすくなくなり
取水制限されてお水を自由に使うことができなくなるので夏場の節水は特に大事です。

夏場の入浴方法として、暑くてお湯につかりたくないと思うかもしれませんが十分に温まりたいと思ったら
夏場の節水に役立つ入浴法としてオススメなのが半身浴です。
半身浴は、体の半分(下半身)だけをお湯につける入浴方法です。
暑い夏場なので、上半身はお湯につからなくても寒くなく、
十分に温まりたい場合でも、長く浸かっていれば、下半身で温められた血液が全身を巡るので、半身浴だけで十分 体が温まります。

美容や健康にも効果があります。

 

筋トレ好きなぬうマッチョ!としてみれば冬でも筋トレで体を温めた後の半身浴で十分 体が温まります

 

 

 

 

・家族と一緒に入る

子供や家族がいれば一緒に入るととても節水効果があります。
まずはお風呂の水を低いところ(お腹あたりまで)に設定し、お風呂が沸いたら、家族で一緒に入ります。
1人で入るとお腹くらいまでしかお湯に浸かりませんが、、家族で入ると水かさが増すので肩までお湯に浸かることができます。

1人で入る時のお湯の量を半分以上節約できます。
お風呂 掃除 きれい

●シャワーの使い方で節約

 

・使ってない時はシャワーを止める

基本中の基本の話です。 髪の毛をシャンプーで泡立てている時、洗顔している時、体を洗っている時など、シャワーが流したままになっていませんか?
冬場はシャワーを止めると浴室が寒くなるし、
シャワーを流したままにしていると流したいタイミングで洗い流せるので便利です。しかし、これはやってはいけません。

一般的な家庭のシャワーヘッドだと、シャワーを1分間流し続けると「約12L」の水が出ると言われています。1リットルあたり0.33円で換算すれば、1分間シャワーを止めるだけでも約4.0円の節約になります。

 

シャワーを15分間使用すると、水量は浴槽1杯分にもなります。注意しましょう

 

・節水シャワーヘッドがおすすめ

シャワーの節水を更に行いたいなら、必須のグッズが「節水シャワーヘッド」です。

 

ホームセンターなどでも売られている節水シャワーヘッドでも水圧を変えずに水量を約50%に節約することの出来るシャワーのヘッドなどがあります。
節水グッズをしっかりと活用するとそれほど意識しなくても節水できるので効果抜群です。

取り付けはほとんどのメーカーのシャワーヘッドに取り付けが可能になっているので
簡単に取り付け替えをすることができます。

一度取り付けが可能か確認してから購入をしてみると特に意識することなく水道代を減らすことができるようになります。
ネットで検索しても多くの企業が様々な種類の【節水シャワーヘッド 】を販売しています。

そこで、シャワーヘッドに節水器具を付ける方法が簡単でお得です。 水圧はそのままに、水の使用量を減らせるシャワーヘッドを大いに活用しましょう。シャワーの頻繁に使う夏場の節水必須アイテムです。 しかも、イオンの力で水の塩素を中和する効果もあるので、肌は髪に優しく美容にも役立つんですよ。

 

1シーズン 7335円以上  節約になります。

 

 

シャワーの節水効果について詳しくはこちら

シャワーヘッドの交換について詳しくはこちら

 

シャワーヘッド 掃除 まとめ

 

 

ココからは細かい話になりますが、チリも積もれば山となるという意識で説明していきます。

・シャワーで洗うときのポイント

水量を使うシャワーでの節水方法ですが、洗う順番を意識するだけでも節水効果はあります。
頭から洗い始めて、頭からつま先まで、体全体を一気に洗ってしまうのが一番水を節約できます。 水を無駄なく使えて、節水にとても役立つ方法です。

 

・シャワーだけ使う時は浴槽の中でシャワーを浴びて水を貯める

 

浴槽でお湯を貯めないでシャワーだけを使うときは浴槽の中でシャワーを浴びて、水を貯めるようにしましょう。
それを残り湯として有効活用すれば、シャワーだけで済ませがちな夏場でも「水」を有効活用できます。

 

・お湯が出るまでの間の水を貯めておく

シャワーの使い始めの「水がお湯になるまでの冷たい水」はどうしてますか?
基本的に使わず、多くの場合シャワーを手に当てながら、温度上がってきたかな~?と確かめて流していると思います。

その間の水も桶や湯船に入れて貯めておけば、無駄にならず後で有効活用できます。
バケツに溜めておいて拭き掃除や花の水やりに有効利用できます。

 

・浴槽にお湯を貯めるときは湯船のお湯を使いシャワーは使わないようにする

浴槽にお湯を貯めていて、さらにシャワーを使っている人は水道代とガス代を多く出費しています。

シャワーは最後の仕上げに流すのみだけに使用してシャワー時間を1分でも短くすると年間でみると大きな節約になります。

4人家族で1年間で毎日一人2分間 シャワー使用時間を減らした場合 約10000円の節約になります。

 

 

 

●設定温度を少しだけ下げる

お湯の設定温度を調節することも節約につながります。
夏でも熱いシャワーが好きな方もいると思いますが設定温度を下げるだけでガス代の節約にもなります

シャワーの温度を1℃下げると、1分で約0.2円、15分で約3.5円の節約になります。
シャワーを1分節約するとガス代は1回で約4.6円、1年間で約1,679円の節約にります。さすがに冬に低い温度で設定して無理をするとカゼをひいてしまうおそれがありますが、冬以外の季節は気温に合わせて設定温度を適切に使用しましょう。

 

参考: TOKYO GAS 省エネ予備知識 より

 

 

給湯器リモコン 節約設定温度

 

●追い焚きの使い方を考える

寒い季節になると追い焚き機を使ってしまいますよね。
家族が多かったり、帰宅時間やお風呂の時間に差があるとどうしても使わなければいけない機能ですが、何度も沸かしなおすとガス代に影響が出てきてしまいます。
なるべく家族全員が時間をあけないように入浴時間の工夫をしたり、

どうしても時間が空いてしまう場合や、ご主人の帰りが遅く追い炊きは仕方ない場合は
保温シートをかぶせておくだけで冷め方がまったく違います。
100円ショップでも売っているので ぜひ!活用してください。

追い焚き機能の使用頻度を減らすようにしましょう。

 

・浴槽にお湯をためるのは2日1回のペースにして、追い焚き実行すると節約になるか?

 

仮に2日に1回ペースで浴槽のお湯を張りかえるようにすれば、
「200リットル×15日×0.3円=900円」の節約になります。

ガス代を考えると
200リットルの浴槽の水を40℃に沸かした場合
各所要時間は給湯式:8.1分,風呂釜式:35.2分なので

給湯式の場合 1回のガス代 76.1円

風呂釜式の場合 1回のガス代 88.4円なので その差は12.3円になります

 

12.3円×15日 =184.5円 なので

900円 -184.5円 = 715.5円/月 節約になります

 

1年間で 8586円ですね

 

 

潔癖症の人には難しいかもしれませんが、
お湯を張る回数を減らすことも節水・節約につながります。

 

参考: TOKYO GAS ウルトラ省エネブック バスルーム編

 

 

残り湯を追い焚きして使うのは、

新たに給湯でお湯をはるよりも実は高コストの場合あるので、

再利用しながら使いきり
一度 お湯はりして 少し温度が下がったら 追い焚きする
翌日には 再利用して使い切る 方法が 理想的です。

 

■お風呂の残り湯を有効活用する

一般的なお風呂の浴槽に貯めるの水の量は「200リットル」です。
30日間 毎日お湯を張れば、1ヶ月の水道代で

200リットル × 30日 × 0.3円 = 1,800円 かかります。

お風呂の残り湯

6000リットルの水を全て有効活用できれば、それだけの節水効果が期待できます。
しかし、浴槽の水で体を流したりするし、湯船につかった時にお湯が流れたりするので、浴槽に残る水量は6000リットルになるわけではありませんが 半分の3000リットルと考えたとしても 毎月 900円  年間 10,800円の節水になります。

残り湯の再利用方法には以下のような方法があります

  • 洗濯に使う
  • 車の洗車に使う
  • お花の水やり、ガーデニングに使う
  • 窓拭き床拭き、掃除に使う
  • 夏場の打ち水
  • 夏場の子どもの水遊び

 

節水 節約 洗濯

 

・洗濯に使う

一般的な残り湯の使い方は洗濯に使う方法です。
専用のポンプを使えば、簡単に水の移動も出来るのでやっておきたいところです。
一方で、お風呂の残り湯は雑菌も多いので、
抵抗がある人もいるので、残り湯を使うときは「洗い」のみで使用し、
「すすぎ」は水でするようにしましょう。
それでも臭いが気になる場合は、漂白剤などを使用する方法があります。

 

・入浴後すぐ、お湯が温かいうちにバケツで洗濯機にくみ上げて、洗濯します。
汚れ落ちがよいので、すすぎは1回で十分

バケツでくみ上げれば エクササイズにもなります。

 

・花の水やりに!

花へ水をたっぷり。 緑が涼しげです。

掃除を終えたら、ベランダの花に水やり。
ここでも 残り湯が活躍します。
子どももおもしろがって一緒に水やりをお手伝いしますよ。

1シーズン 128円 節約

 

・床の水拭きに!

掃除機を使う回数も減らせます。

お風呂の残り湯はバケツにくんで、水拭きに活用。
フローリングに掃除機を掛ける回数が減らせるだけでなく、
いいエクササイズになって 一石二鳥です。

1シーズン 255円 節約

 

 

 

 

・子どもの水遊びに!

大好きな水遊びで日中の暑さを撃退!
暑い日中は、子どもたちが大好きな水遊びタイムに!
小さなビニールプールに残り湯を入れて遊ばせます。子どもたちはおおはしゃぎです。

1シーズン 2550円 節約

 

 

・打ち水に!

道路の照り返しをやわらげます。

リビング側の窓の外はアスファルト道路、道路の照り返しによる気温上昇を少しでもやわらげるために
残り湯で打ち水をします。
これで エアコンを使わずに済んでます。

1シーズン 435円 節約

 

 

■どっちがいくらお得?対決~

 

●冬にお湯につかる VS シャワーだけ どれだけ 違う?

お湯につかる VS シャワーだけ
お湯につかるほうが 1シーズン 約 5556円 おトク!

※ 家族4人で日、浴槽1杯(約 200リットル) + シャワー1人 5分 (約12 リットル/分)と、
シャワー1人10分の水道代とガス代を比べた 場合
シャワーは16分で浴槽1杯分 ( 200リットル)の水を使います。
浴室が寒い冬は シャワーの時間が長くなりがちなので、
家族の人数にもよりますが、浴槽にお湯をはったほうが 浴室も温めることができ おトクです。

 

 

●入浴の間隔が3時間も! 追い炊き VS お湯を入れなおし どっちがおトク?

追い炊き VS お湯を入れなおし

追い炊きのほうがが 1シーズン 約 1万9859円 おトク!

※41℃でお湯約200リットルを入れ、 35℃に下がってから40℃まで追い炊きしたときと、
40℃のお湯 約200リットルを 2回入れたときのガス代を比べた場合。
ガス代のかかる追い炊きはなるべく避けたいもの。
それでも、ほとんど水のような温度から追い炊きするのでなければ、
さすがにお湯を入れなおすよりはずっとおトクです。

 

 

簡単に水道代が安くなり生活費が節約できるトイレの節水方法|すぐに実践できる方法とプロのアドバイス はこちら

 

洗い方や料理方法で節約節水するキッチン!4,089円分削減できるお手軽方法 はこちら

 

 

【まとめ】

今回ご紹介した節約方法を使えばお風呂で体もふところも温めることができます。
アイデアしだいで節約方法はいろいろあるので挑戦してください。

 

■お風呂の節水方法・節約方法

● 少ない水でお湯を沸かすお湯張り方法

・お湯を浴槽で沸かす時は少なめにする

・湯船を少ない水で多くお湯を沸かす方法
ペットボトルを使うことで年間 2088円節約になります

 

 

●入浴法で節約

・お風呂を沸かした時はシャワーは使わない

・夏はシャワーだけにする

・夏場に入浴するなら 半身浴

・家族と一緒に入る

 

●シャワーの使い方で節約

・使ってない時はシャワーを止める

・節水シャワーヘッドがおすすめ
1シーズン 7335円以上  節約になります

 

・シャワーで洗うときのポイント

・シャワーだけ使う時は浴槽の中でシャワーを浴びて水を貯める

・お湯が出るまでの間の水を貯めておく

・浴槽にお湯を貯めるときは湯船のお湯を使いシャワーは使わないようにする

 

●設定温度を少しだけ下げる

1年間で約1,679円の節約になります

 

●追い焚きの使い方を考える

・浴槽にお湯をためるのは2日1回のペースにして、追い焚き実行すると節約になるか?

1年間で 8586円節約になります

 

■お風呂の残り湯を有効活用する

 

  • 洗濯に使う
  • 車の洗車に使う
  • お花の水やり、ガーデニングに使う
  • 窓拭き床拭き、掃除に使う
  • 夏場の打ち水
  • 夏場の子どもの水遊び

年間 10,800円の節水になります。

 

■どっちがいくらお得?対決~

 

●冬にお湯につかる VS シャワーだけ どれだけ 違う?

お湯につかる VS シャワーだけ
お湯につかるほうが 1シーズン 約 5556円 おトク!

 

 

●入浴の間隔が3時間も! 追い炊き VS お湯を入れなおし どっちがおトク?

追い炊き VS お湯を入れなおし

追い炊きのほうがが 1シーズン 約 1万9859円 おトク!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*