熱中症になったらどうやって処置すればいいのか?ヤバイ!時の応急処置と効果的な経口補水液

だんだんと蒸し暑くなり 夏の本番へ向けて 真夏日も多くなってくる季節になりました

夏場のスポーツ&レジャー、炎天下での作業や仕事で
熱中症でフラフラしている人を見かけませんか?

ぬうマッチョ!も、以前に軽い熱中症になった ツライ経験があるので、
炎天下でのスポーツや作業の時は気をつけるようになりました、

ここでご紹介する熱中症の応急処置とスポーツドリンクと経口補水液の使い分けを使えば、
万が一の時でも熱中症の応急処置ができ
いざ!という時 熱中症になった子供や高齢者も的確に対応でき
大事に至らないようにするにすることができます。

子供がミニバスをやっている時、真夏の体育館は立っているだけでもクラクラする暑さでした
その体育館の中で試合する子供たちは当然体調不良を訴え 熱中症になりました

その時
どうすればいいの?
どこを冷やせばいいの?
飲ませるモノはスポーツドリンクでいいのか?水の方がいいのか?何を飲ませればいいの?
うろ覚えで 正しい知識がある自信がなく アタフタしてしまいました。

万が一、熱中症になった時に 迅速に対応、処置することで 大事に至らずにすみます。
重要なことなので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

熱中症になったら 処置方法

スポンサードリンク

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

熱中症の応急処置

熱中症は症状により3つの段階にわかれます。

重症で緊急度の高い場合の対応、

中等症で病院へ搬送したほうがよい場合の対応、

軽い症状の場合の対応にわかれます。

 

重症で緊急度の高い場合の対応

熱中症 予防 対策 対処方法 重症

 

以下に当てはまるときは、
すぐに救急車を呼び、病院、医療機関に連れて行きましょう。

  • 意識がはっきりしない(呼びかけても反応がおかしいなど)
  • 全身のけいれんをおこしている
  • ふらつく、動けない
  • 自分で水分や塩分を摂取できない

 

救急車の到着(病院に到着)まで、以下の応急処置を行いましょう。
※119番の救急対応の方から応急処置の指示を受けた場合はそれにしたがってください。
とにかく体を冷ますことが重要です。

応急処置
①涼しい場所に移動する

涼しい場所に移動し
衣服やベルトを緩め風通しをよくして、放熱を促し、安静に寝かせます。
エアコンのついている部屋や、扇風機・うちわなどを使って風を送り
涼しくして体を冷やします。

 

②体を冷やします。
迅速に体を冷やします。 スピードが大事です

全身に水をかける。ウチワや扇風機で風を当て気化熱を奪う

首すじ、脇の下、太ももの付け根 など太い静脈が通っているところに氷嚢や保冷剤、
冷たいペットボトル飲料などを当てる

体温をいかに下げられるかが重症化を防ぐポイント。

 

熱中症の応急処置 体の冷やす場所
③おう吐してしまった場合は横向きに寝かせる

おう吐してしまった場合は、上向きだとのどが詰まるので
のどが詰まらないように横向きに寝かせます。

 

 

 

中等症で病院へ搬送したほうがよい場合の対応

熱中症 予防 対策 対処方法 重症

 

以下に当てはまるときは、応急処置を行います。

症状が改善しなければ、
病院、医療機関に連れて行きましょう。

  • だるい、ぐったりしている、力が入らない
  • 頭痛、吐き気、おう吐

 

 

応急処置

①涼しい場所に移動する

涼しい場所に移動し
衣服やベルトを緩め風通しをよくして、放熱を促し、安静に寝かせます。
エアコンのついている部屋や、扇風機・うちわなどを使って風を送り
涼しくして体を冷やします。

 

 

②体を冷やします。

首すじ、脇の下、太ももの付け根 など太い静脈が通っているところに氷嚢や保冷剤、
冷たいペットボトル飲料などを当てる

熱中症の応急処置 体の冷やす場所

 

③水分補給をする

飲める場合はスポーツドリンクや経口補水液などで水分と塩分を補給します
※吐き気がある場合は、無理矢理飲ませず、すぐに病院へ連れて行き、
点滴を受けると良いです。

 

④痙攣している筋肉をほぐす。

ふくらはぎなど痙攣している特定の筋肉などがあればマッサージする。

 

 

症状が改善しても、大事をとって病院、医療機関を受診し、
数日間は安静にすることをおすすめします。

 

 

軽い症状の場合の対応

熱中症対策 予防方法

以下に当てはまるときは熱中症の可能性があります。
症状が軽くても、
放置するとアッという間に悪化する場合があるので無理せず、休みましょう。

 

  • めまい、立ちくらみ
  • 手足のしびれ
  • こむら返り(ふくらはぎなど足の筋肉のけいれん、手のひらのけいれんなど)
  • 集中力の低下

症状が出た時は無理せずに 次の応急処置をしましょう

応急処置

①涼しい場所に移動する

涼しい場所に移動し
衣服やベルトを緩め風通しをよくして、放熱を促し、安静に寝かせます。
エアコンのついている部屋や、扇風機・うちわなどを使って風を送り
涼しくして体を冷やします。

 

②体を冷やします。
首すじ、脇の下、太ももの付け根 など太い静脈が通っているところに氷嚢や保冷剤、
冷たいペットボトル飲料などを当てる

 

熱中症の応急処置 体の冷やす場所
③水分補給をする
スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給します

 

④痙攣している筋肉をほぐす。

ふくらはぎなど痙攣している特定の筋肉などがあればマッサージする。

 

熱中症を防ぐためには、状況に適したスポーツドリンク 熱中症対策飲料を、
こまめにとることが大事です。

重症化を防ぐためには、身近な人や近隣さん 仲間、家族とお互いに声をかけ合い、
変化に気づけるように気を配ることがとても大切です。

 

熱中症の応急処置

参考:環境省 「熱中症予防情報サイト」より

 

 

状況によって変わる熱中症対策によい飲みもの

熱中症対策には、意識して効果的な飲料を補給することが大事です。

「熱中症対策に効果的な飲料」は2つの状況に分けて選びます。

・スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合
・風通しの悪い蒸し蒸しした室内などでじわじわと汗をかく場合

この2つです。

状況別に熱中症対策飲料をご紹介します。

 

スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合

432661熱中症 予防 対策 対処方法 スポーツ

スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合
熱中症対策に効果的な飲料は
スポーツドリンク経口補水液(けいこうほすいえき)です。
運動などで大量に汗をかいて水分を失ってしまった場合は、

汗には水分だけでなく、ナトリウムなど様々なミネラルが含まれています。
汗を大量にかいてミネラルが失われたときに、水だけを補給すると、血液が薄まってしまいます。
血液が薄いままだと、体外に水を排出してわざと血液を濃くしようとする働きが起こります。

これを「自発的脱水」と呼び、
自発的脱水が生じると、水を飲めば飲むほど脱水してしまうという危険な状態になってしまいます。
継続して1時間以上の運動をする方は、

運動前に500ml

運動中は1時間に1000mlを2~5回い分けて飲む。
発汗でナトリウムなどの電解質を多く失う運動時は 3~6%の糖分と0.1~0.2%前後の
塩分を含むスポーツドリンクを選びます。

糖分と塩分を組み合わせると水分吸収が速くなります。

 

 

風通しの悪い蒸し蒸しした室内などでじわじわと汗をかく場合

432661熱中症 予防 対策 対処方法 室内

 

日常生活の範囲内でのじわじわと汗をかく場合でも、水分補給は重要です。
しかし、運動時のように毎回、塩分や糖分を補給する必要はないです。

おすすめの飲みものは、「麦茶」です。

麦茶には、汗とともに失われて不足しがちなミネラルが含まれています。
また、麦茶には体の熱を冷ます効果があるので、熱中症対策によいです。

塩分を補った方が良いのは、あくまで、運動や労働によって大量に汗をかくような場合です。
熱中症対策に水分補給は必要ですが、スポーツドリンクや経口補水液は、
日常的に水代わりに飲むものではありません。

 

●通常の清涼飲料水やジュースで水分補給をしてはダメな理由

熱中症 対策 清涼飲料水がダメな理由

熱中症予防や脱水症状を予防するために清涼飲料水やジュースで水分補給をしてはいけません。

甘い清涼飲料水には、10%ほどの濃度で砂糖などの糖質を含むものがあります。
ペットボトル1本で およそ50g、角砂糖12個分もの糖質が入っている計算になります。

そんな甘い清涼飲料水で水分補給をしているとカロリー過多で太りやすく
糖質が多い飲み物を一気に飲むと血糖値が急に上がり。

上がった血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されますが、
食事以外でも習慣的に甘い飲み物で糖質を摂り続けると膵臓にダメージが重なり、
インスリン分泌が減ったり、作用が低下したりして、血糖値が下がりにくくなります。

高血糖になると余計な糖質を排泄するためにオシッコ量が増えて脱水症状を起こし、
そこでまた、甘い飲み物を飲むと血糖値が高くなるという悪循環になります。

最悪の場合には急性の糖尿病でダウンしてしまうので気をつけましょう。

 

 

 

熱中症を予防する飲み物・経口補水液とは?

 

熱中症を予防する飲み物・経口補水液とは?

経口補水液は、人間の体液に近い成分を持つ飲み物で、衛生状態が悪い発展途上国で、
感染症などによる下痢や嘔吐で脱水症状になった患者を救うために開発されました。
点滴の代わりに飲んで脱水症状を改善させることが目的の飲料です。

経口補水液は、ブドウ糖と塩分が体内で吸収しやすい比率で入っているため、吸収率が高く
自作するか、コンビニ・ドラッグストアなどで購入することができます。

 

熱中症対策 スポーツドリンクと経口補水液

 

スポーツドリンクと経口補水液の違いと使い分け

・運動時の脱水、熱中症予防には スポーツドリンク

・激しい発汗を伴う運動時や、脱水が進んで熱中症の恐れがあるときは
経口補水液を飲むようにします。

 

スポーツドリンクは運動時の脱水症状と熱中症を防ぐ目的で考案されました。

スポーツドリンクは飲みやすくするため 糖分を多く含むみます。
日常生活や軽い運動時の脱水予防はスポーツドリンクでOK。

経口補水液 より 糖分が多いです

 

 

経口補水液は衛生状態が悪い発展途上国で、
感染症などによる下痢や嘔吐で脱水症状になった患者を救うために開発されました。
点滴の代わりに飲んで脱水症状を改善させることが目的です。

スポーツドリンクより塩分が多く

小腸での水分の吸収を助けるためには、
塩分(ナトリウム) と 糖分(ブドウ糖)が必要になります。
発汗より 下痢や嘔吐で失う塩分の方が多いから
経口補水液はスポーツドリンクより塩分を多く含みます。

激しい発汗を伴う運動時や、脱水が進んで熱中症の恐れがあるときは
経口補水液を飲むようにします。

 

経口補水液を自作する方法

経口補水液を自作するのは簡単です。

簡単に作れて安上がりなので、
サッカーやバスケなど 夏のトレーニングをする 子供たちのために
熱中症対策として作っておくと便利です。

 

<材料>
・水・・・1リットル
・塩・・・小さじ1/2(3g)
・砂糖・・・大さじ4と1/2(40g) (砂糖よりも、ブドウ糖が好ましい)

これらをしっかり溶けるまで混ぜれば完成です。

 

 

熱中症 対策 経口補水液 自作 水

 

水・・・1リットル を用意!

 

 

熱中症 対策 経口補水液 自作 塩

塩・・・小さじ1/2(3g) を 用意!

 

 

熱中症 対策 経口補水液 自作 砂糖

 

砂糖・・・大さじ4と1/2(40g) を用意!

以外に多くない? (汗)

熱中症 対策 経口補水液 自作 完成

 

 

しっかり溶けるまで混ぜて完成~~

 

飲んでみると

味は 粉末のポカリや 粉末のスポーツドリンクを めちゃめちゃ薄く作った時の味です。

塩味は隠し味程度で 水を少し甘くさせて感じです。

飲みにくい場合は、好みでレモン汁を加えるのがオススメです。

 

熱中症 対策 経口補水液 自作 レモン汁

レモンが無かったので 今回はポッカレモンを使いました

 

※※ 注意 ※※
● 自作する場合は、食中毒を防ぐために冷蔵庫に保存しその日のうちに飲み切るようにします。
一度使ったペットボトルを利用して作る場合は雑菌が混じったりしないよう十分注意しましょう。

● 自作の経口補水液は、市販品より、体内吸収率は低いです。

 

熱中症の予防と対策、早期発見方法はこちらを参考にしてください。

「熱中症予防と対策|真夏のスポーツ&トレーニングを頑張る子供のために早期発見と4つの予防法」

 

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

【まとめ】

今回ご紹介した熱中症の応急処置スポーツドリンクと経口補水液の使い分けを使えば、
真夏や暑い日のスポーツ&レジャー 炎天下の仕事で簡単に熱中症に対応することができ、
万が一、熱中症になった時に 迅速に対応、処置することで 大事に至らずにすみます。

 

熱中症の応急処置

熱中症は症状により3つの段階にわかれ対応方法が変わります。

重症で緊急度の高い場合の対応

以下に当てはまるときは、
すぐに救急車を呼び、病院、医療機関に連れて行きましょう。

  • 意識がはっきりしない(呼びかけても反応がおかしいなど)
  • 全身のけいれんをおこしている
  • ふらつく、動けない
  • 自分で水分や塩分を摂取できない

 

中等症で病院へ搬送したほうがよい場合の対応

以下に当てはまるときは、応急処置を行います。

症状が改善しなければ、
病院、医療機関に連れて行きましょう。

  • だるい、ぐったりしている、力が入らない
  • 頭痛、吐き気、おう吐

 

軽い症状の場合の対応

以下に当てはまるときは熱中症の可能性があります。
症状が軽くても、
放置するとアッという間に悪化する場合があるので無理せず、休みましょう。

 

  • めまい、立ちくらみ
  • 手足のしびれ
  • こむら返り(ふくらはぎなど足の筋肉のけいれん、手のひらのけいれんなど)
  • 集中力の低下

 

熱中症 症状別 応急処置

 

 

状況によって変わる熱中症対策によい飲みもの

熱中症対策には、意識して効果的な飲料を補給することが大事です。

「熱中症対策に効果的な飲料」は2つの状況に分けて選びます。

・スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合
・風通しの悪い蒸し蒸しした室内などでじわじわと汗をかく場合

この2つです。

スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合

スポーツやレジャー、炎天下での労働などによって大量に汗をかく場合
熱中症対策に効果的な飲料は
スポーツドリンク経口補水液(けいこうほすいえき)です。

 

風通しの悪い蒸し蒸しした室内などでじわじわと汗をかく場合

日常生活の範囲内でのじわじわと汗をかく場合でも、水分補給は重要です。
しかし、運動時のように毎回、塩分や糖分を補給する必要はないです。

おすすめの飲みものは、「麦茶」です

 

●通常の清涼飲料水やジュースで水分補給をしてはダメな理由

熱中症予防や脱水症状を予防するために清涼飲料水やジュースで水分補給をしてはいけません。

 

熱中症を予防する飲み物・経口補水液とは?

熱中症を予防する飲み物・経口補水液とは?

経口補水液は、人間の体液に近い成分を持つ飲み物で、衛生状態が悪い発展途上国で、
感染症などによる下痢や嘔吐で脱水症状になった患者を救うために開発されました。
点滴の代わりに飲んで脱水症状を改善させることが目的の飲料です。

 

 

スポーツドリンクと経口補水液の違いと使い分け

・運動時の脱水、熱中症予防には スポーツドリンク

・激しい発汗を伴う運動時や、脱水が進んで熱中症の恐れがあるときは
経口補水液を飲むようにします。

 

経口補水液を自作する方法

 

簡単に作れて安上がりなので、
サッカーやバスケなど 夏のトレーニングをする 子供たちのために
熱中症対策として作っておくと便利です。

 

<材料>
・水・・・1リットル
・塩・・・小さじ1/2(3g)
・砂糖・・・大さじ4と1/2(40g) (砂糖よりも、ブドウ糖が好ましい)

これらをしっかり溶けるまで混ぜれば完成です。

 

熱中症 対策 経口補水液 自作 完成

涼しくして、体を冷やし、水分をとり、無理をせず、無理をさせず、楽しい夏を過ごしましょう。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*