キッチンリフォーム費用の相場と内容がわかる|水まわりのプロのアドバイス

キッチンのリフォームをしたい!と考えてはいるけれど、
どの程度の費用が掛かるのかよく分からず不安になっていませんか?

とりあえず見積もりを取ってみたものの、見積もりの内容がわからなかったり
費用と見積もり内容が妥当か判断に迷い悩んでいませんか?

キッチンリフォームの見積もり、打ち合わせをする時
望んでいることや費用面など何度も打ち合わせを重ね
ショールームなどで実際のキッチンを見てもらい時間をかけることが多いです。

キッチンは種類が多く、リフォーム会社も多いので迷いやすく
キッチンの種類やリフォーム会社で値段が大きく異なります。
キッチンのリフォームは一生のうち何度もすることではないので
慎重になるのは当然で、多くの方がリフォームをする際に悩みます。

 

キッチンリフォーム

 

今回は水まわりのプロの視点と経験から
キッチンリフォームの費用と内容を分かりやすく解説をしているので
金額が妥当か判断できるにすることができるようになります。

多くの現場を経験してお客様にも分かるように
ポイントを押さえて工事内容の意味を伝えるようにしているので
キッチンリフォーム工事で失敗することがなくなりました。

キッチンのリフォームを検討するときに参考にしてください。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

キッチンのリフォームにかかる費用と相場について

キッチンリフォームする時に
非常に多い質問は 「キッチンのリフォームの費用はどの程度ですか?」と聞かれます。
その時の答えは
「安く抑えるならば50万くらいから、少し良いものにする場合は150万くらい、パーツや機能、壁や床の状態によって値段は上下します」という回答をします。

キッチンリフォームの場合は単純にキッチンを交換するだけでなく
リフォームの範囲によって 壁・床・天井 の工事や補修があったりするので現状を見ないと明確に答えることができないからです。

 

 

 

キッチンの種類によるリフォーム費用の違い

 

キッチンの種類やグレードによってリフォームの費用は大きく異なってきます。

キッチンの種類は大きく分けると

  • I型 キッチン
  • L型 キッチン
  • 対面型 キッチン

に分類され、キッチンのグレードによっても費用が変わってきます。

 

【キッチンの費用 種類別/グレード別】

キッチンのグレード 種別 費用

 

シンプル キッチンとスタンダード キッチン とハイグレード キッチンの違いは
主に使われているキッチンの素材の違いでグレードが変わってきます。

シンクの素材はステンレス製のものが多いですが

ハイグレードになると 人造大理石やホーロー素材になったりします

同じステンレス製でも 水きれがよく 水垢や汚れが付きづらい加工が施されたりします。

 

キャビネットも木製、ステンレス製、ホーロー素材などの素材の違い
食器洗濯乾燥機や 浄水機能付の水栓など パーツやオプションの違い

引き出しなのか?開き戸なのか?の違い

引き出しの種類も 強く押しても、弱く押しても スーッと静かにしまる機能がついているものなど
違いがあります。

簡単な目安は上記の【キッチンの費用 種類別/グレード別】 を参考にしてください。

 

I型キッチンとは

I型キッチン イメージ  I型キッチン イメージ

 

最も一般的な形のキッチンです。キッチンのサイズや種類、価格帯など色々と選択の幅が広いキッチンタイプになります。
コミュニケーションをとるというより作業に専念できるタイプです
ダイニングテーブルへの動線が短くなり、キッチンワークを効率的にこなせます。

 

I型キッチンリフォーム メリット デメリット

 

 

L型キッチンとは

L型キッチン イメージ L型 キッチン 画像

 

動線にムダがなく、短くて効率的で使いやすいレイアウトです。、動き回らずに利用できます。
I型キッチンに次いで多いタイプの型になります。
コーナーの部分の空間をうまく利用しないとデッドスペースができてしまうというデメリットがあります。

対面型 キッチン リフォーム メリット デメリット

 

対面型キッチンとは

対面型 キッチン イメージ  対面型 キッチン 画像

 

壁側を向いていないので家族とのコミュニケーションがとりやすくて
新築などでは最近人気の高まっている型になります。
キッチンの周辺をパネルやカウンターで目隠しすると
調理中の散らかりを気にせず作業ができます。
既存の配管の状況によっては工事費が高くなる場合があります。

 

対面型 キッチンリフォーム メリット デメリット

 

参考: レイアウトから探すキッチン(LIXIL)

 

キッチンカウンターの材質による違い

キッチンカウンターの素材は主にステンレスと人造大理石が主流です。
他にもホーロー、天然石、メラミン化粧合板、タイル、木など様々なものがありますが
主流メーカーが使用している素材はステンレス、人工大理石が多いです
実用性が高く、使い勝手の良いのがステンレス、見た目が美しいのが人工大理石と言われています。

 

 

ステンレス

耐熱・耐水・耐久・対汚性にすぐれ、厚みがあるほど頑丈で、質が良いです。

エンボス加工
表面の細かい凹凸が反射を和らげ、傷も目立ちにくい。

バイブレーション加工
波打つような柄。キズがついても目立ちくい仕上げ。

ヘアライン加工
髪の毛くらいの細いラインが施され、冷たい質感を和らげている。

 

 

 

人工大理石(人造大理石)

耐熱・耐久・耐水性に優れています。
熱に強い樹脂を使い、天然石に似せてます。

 

ポリエステル系
耐水性にすぐれ、アクリル系より費用が安価で、広く一般的に普及している。

 

アクリル系
ポリエステル系と比べ、より耐久性や衝撃に優れているが、価格も高くなっている。

 

※注意※
人工大理石の場合
まだ冷めきっていない鍋を直接おいて変色したり、
沸かしたお湯をポットに移すときにこぼしたら変色するなど種類によって
変色する可能性があるので必ず確認してください。

 

 

ホーロー

最近、現場で見かけることが多くなった タカラスタンダードの ホーロー素材についても説明をします。

ホーローは金属の表面にある種のガラスを薄く焼きつけたものです。
耐久性に優れ、キズや汚れがつきにくいので、ホーローの美しさが続きます。
お掃除も簡単で清潔感があり、キッチン以外にもトイレの壁などに使われています
その反面、硬いために弾力限界を超える衝撃を受けると、ひびが入り錆びを生じることがあります。

 

 

キッチンリフォームの見積もりを見ながら内容を説明します

キッチンリフォームの見積もり内容を見てみると分かりやすいです。

実際の打ち合わせの時も 見積もりをベースに話や工事の説明をすると伝わりやすく、
見積もりを内容見ることでどの項目がどの作業に該当して
どんな工事にどれくらいかかるのかがわかりやすくなります。

以下の実際の見積りは、
周辺工事も含まれていて分かりやすいのでサンプルとして取り上げました。

この見積もり内容を 見積もり項目の基準とすると良いです。

キッチンリフォーム 見積もり

 

この見積もりを参考にキッチンリフォームにどんな工事が必要で
どれくらい費用がかかるか説明していきます。

 

仮設工事とは

部屋や廊下、壁などが傷がつかないように保護するために
床に養生シートを敷き、壁に養生ビニールや養生用のシートを貼るなどの養生費。

リフォーム後のクリーニング費、清掃費が含まれます。

リフォームを行うために必要な準備を行い、部屋の中、家の中を元の状態に戻すために必要な工事です。

 

解体工事とは

既存のキッチンを取り外して廃棄するための工事です。

壁のタイルや壁紙などの解体処分や
古いキッチンを廃棄処分するための費用はこの中に含まれる場合もあったり
別に設けられている場合もあります。

壁がタイルの場合は解体費や処分費が少し割高になります。

 

木/内装/電気/衛生設備工事 とは

 

木工事~
キッチンを取り付けるための下地つくりだったり、補修工事、古く痛んだ壁や床、天井を直す大工工事になります

 

内装工事~ 
壁のクロス工事だったりタイル工事になります。

 

電気工事~
新しいキッチン設置に伴う電気工事です
食器洗濯乾燥機など新たにコンセントが必要にったり、照明、換気扇などの電気工事になります。

 

衛生設備工事~
新しいキッチン設置に伴う 給水、給湯、排水工事になります
古いキッチンの給水、給湯、排水の位置と変わるので床下からやり変えたり、
食器洗濯乾燥機に新しく給水、給湯、排水配管を分岐したりします。

 

キッチンリフォーム 水道

写真のように 給水と給湯の位置が高い配管を低い位置に変えたり
給水管が鉄管だと管の種類を変えたりしなければいけません。

また、床が木造ではなくコンクリートだと配管位置を変えるのに費用が多くかかってしまいます。

 

見積の書き方は各社色々ですが、キッチンのリフォームに伴う各種工事の費用になります。
リフォーム箇所毎の項目に分けて見積もりを記載する会社もあります。

 

住宅設備機器とは

リフォームで新しく設置するキッチン設備の費用と工事になります。
見積もりの中にしっかりとキッチンの商品名や型番があるかどうかを確認しましょう。

会社や担当者によって「キッチン一式」のように書き方をしてい場合もありますが、
それでは どの型、どのグレードのキッチンを設置するのかわからず、
打ち合わせした内容と合っているかも不明確で
見積の意味を成さないのでしっかり確認するようにしましょう。

工事が終わった後でこんなはずじゃなかったと後悔しないように
商品名と品番、色などは確認を重ねていきましょう。

 

諸経費とは

諸経費にはリフォーム工事での会社の利益や
現場管理費用や現場以外で発生する費用(一般管理費)、交通費、駐車場代などが含まれています。
これらを一つ一つ細かく計算することが難しいので、リフォーム金額の〇〇%のように決めて算出している場合が多いです。

この諸経費の金額が少ないほうがお得かというと必ずしもそういうことではなく。
会社によっては項目を増やして書いたり
他の項目に少しずつ利益を載せて計算して、
その分諸経費を少なくしている場合もあります。

わかりにくい費用ではありますが、無くしてしまっていい費用ではないので、その辺りは注意が必要です。

 

 

リフォーム会社によって記載の仕方は異なりますが、
概ね上記のような内容が見積もりには記載されます。
まずはこれらの分類に沿って見積もりを比較すると良いでしょう。

 

ポイントはこの2つ

・見積もりを見て 工事内容、使う材料、設置するキッチンの種類、グレードが分かるか?

・トータルの工事費用

この2つを見ることで 比較検討ができるようになります。

 

 

キッチンリフォームの見積もりが妥当かなと疑問に思う時は

  • キッチンリフォームの実績が豊富な会社を選ぶ
  • キッチンリフォーム会社の相見積もりをする

リフォームの金額の妥当性というのは専門家でないと分かりづらいものです。
まずは妥当な見積もりをもらうために以下の2点を心掛けてください。

 

キッチン リフォーム 費用 打ち合わせ

 

キッチンリフォームの実績が豊富な会社を選ぶ

キッチンリフォームをするのであれば、実績の豊富な会社を選ぶことをオススメします。
実績の少ないリフォーム会社では仕入れ値が割高になります。
常駐の職人がいなくて職人を手配しなければならなかったり、
職人がリフォームになれていないなど、
施工面、費用面で不安があるからです。

同じように見えるリフォーム会社の中でも、水まわりに強い会社、総合建築に強い会社など色々な種類の会社があるので、
まずはキッチンリフォームの実績が豊富な 正しい会社選びがリフォーム成功への第一歩です。

 

複数のリフォーム会社に声を掛けて相見積もりを取る

 

必ず複数社から見積もりを取ります(相見積もり)。
相見積もりを取るということを、各リフォーム会社にしっかりと伝えるようにします。
そうすることで、相見積もりで比べられるという前提で

  • 内容がしっかりとした
  • 費用もできる限り抑えた

見積もりをもらえるようになります

また見積もりをお願いする際に、リフォームしてもらう範囲を明確にし、
どこまでをリフォームするのかそれぞれの会社にしっかりと伝えるようにしましょう。
リフォームの対象範囲が異なってしまうと、出てきた見積もりの比較検討が難しくなってしまいます。

 

その上で確認すべきことは、総額の違いだけではなく、内容の違いも確認するようにしましょう。
キッチンのメーカー、グレード、補修範囲、工事内容などの違いがでてきます。
その上で、リフォーム会社になぜその見積を作ったのかを聞いてみると、
会社それぞれのリフォームに対する考え方や価値観がわかります。

細かい明細の一つ一つを比べてもあまり意味がないので、総額と工事内容と提案力、提案の意図をしっかりと確認すると

 

 

安いが良い会社ではない

リフォームに関した相見積もりをして
一番安い会社を選ぶことが多いかもしれませんが、

 

必ずしも 安い会社 = 良い会社 とは言えません。

相見積もりの利点は 値段競争させるだけではなく、

相見積もりを了承してくれること

打ち合わせでの説明力、提案力、対応力、親切か、他社が気づかなかったことなど

総合的に見ることをオススメします。

一度きりのリフォームであれば 安い会社にお願いするのも良いですが

キッチンだけでなく 住まいを総合的に見てくれる 会社を選ぶことは一生涯の付き合いになります。

また、この会社に頼みたいかどうか?という リフォーム会社の人間力にも目を向けることで
最適なリフォーム会社と出逢うことができます。

 

まとめ

水まわりのプロの視点と経験から
キッチンリフォーム費用の相場と内容を分かりやすく解説をしているので
今回ご紹介したポイントを押さえれば
費用が妥当か判断できるになります。

キッチンのリフォームにかかる費用と相場について

「安く抑えるならば50万くらいから、少し良いものにする場合は150万くらい、パーツや機能、壁や床の状態によって値段は上下します」

キッチンの種類によるリフォーム費用の違い

キッチンの種類やグレードによってリフォームの費用は大きく異なってきます。

キッチンの種類は大きく分けると

  • I型 キッチン
  • L型 キッチン
  • 対面型 キッチン

に分類され、キッチンのグレードによっても費用が変わってきます。

 

キッチンリフォームの見積もりを見ながら内容を説明します

キッチンリフォームの見積もり内容を見てみると分かりやすいです。

実際の打ち合わせの時も 見積もりをベースに話や工事の説明をすると伝わりやすく、
見積もりを内容見ることでどの項目がどの作業に該当して
どんな工事にどれくらいかかるのかがわかりやすくなります。

  • 仮設工事
  • 解体工事
  • 木/内装/電気/衛生設備工事
  • 住宅設備機器
  • 諸経費

などの項目に分かれます

 

ポイントは

・見積もりを見て 工事内容、使う材料、設置するキッチンの種類、グレードが分かるか?

・トータルの工事費用

この2つを見ることで 比較検討ができるようになります。

 

 

キッチンリフォームの見積もりが妥当かなと疑問に思う時は

  • キッチンリフォームの実績が豊富な会社を選ぶ
  • キッチンリフォーム会社の相見積もりをする

リフォームの金額の妥当性というのは専門家でないと分かりづらいものです。
まずは妥当な見積もりをもらうためにこの2点を心掛けてください。

 

 

IKEAのキッチンがリフォームで選ばれる理由とは

 

中古物件やリフォーム物件貸し店舗を選ぶ時の注意点|水道のプロが教えるチェックポイント

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*