加湿器を使っても部屋にカビを発生させない快適な生活方法|カビを防止するコツ

空気が乾燥してくる冬の季節
乾燥状態が続くと、のどや気管支は防御機能が低下するため、
インフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなります。

加湿を意識して加湿器を使います

しかし
加湿のし過ぎはカビの大発生の引き金になることも!

加湿器で部屋にカビが発生するかもしれないと悩んでいませんか?

私も、以前、加湿器を使って部屋にカビが大量発生させてしまい
加湿器を使う冬の季節はなんとなく憂鬱な気分になったりしていましたが、

ここでご紹介する加湿器の正しい使い方、カビを防止する簡単なコツを使えば、
部屋にカビを発生させないで喉も痛くない、インフルエンザも怖くない
快適な生活ができます。

 

加湿器 カビ 防止

 

 

部屋中をカビだらけにしてしまった経験から学び今では快適な冬生活ができるようになりました。

簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサードリンク

加湿を使って適切な湿度をコントロールすることによる利点は

  • 鼻・のどの乾燥防止
  • インフルエンザ等のウイルスの活動を抑制
  • 静電気の発生防止
  • ホコリ等のハウスダストの飛散防止

などがあります

しかし

室内に発生するカビの原因の1つである湿気を作り出すのが、加湿器ということにもなります。
加湿器の使用によって室内の温度も上がります。
あまり高くなりすぎると、
カビにとっても好ましい環境が整ってしまいます。
湿度や温度に注意しなければカビが発生しやすい環境を整えていることになります。

 

加湿器を使うと部屋にカビがはえる?

普通に部屋の換気をしていれば、部屋にカビがはえる心配は少ないです

実際、和室で加湿器を使っていても湿度が高くなる押入れの中もカビがはえていません。

ただし、窓の結露は増えました
気を付けないと、結露で窓枠が下がカビだらけになってしまします。

 

ポイントは部屋の換気です
部屋の換気をしないと
カビだらけになってしまいます。
以前も、加湿器を使っていました
寒いので窓を開けての換気をサボっていたら あちらこちらにカビが生えてしまいました

部屋の角、机の天板の裏側、ベッドの裏、家具の木材部分に。。。
白いのやら青っぽいのやらポツポツといたるところに。。。

部屋の中でカビが一度はえてしまうと厄介です
一度キレイにしても 毎年梅雨時期になると復活してくるのです。

 

加湿器を使うならしっかり部屋の換気をするということを胸に刻んでください。

  1.  部屋の温度は18℃~22℃
  2.  湿度は 50%前後
  3. 1~2時間に一度の 換気

 

以上を徹底しましょう

 

加湿器 カビ 部屋

カビを発生させないために注意すること

室内でカビを発生させないために次のことに注意してください

  1. 室内換気をする(日中は窓をあけておく)
  2. 加湿器の設定を弱めに設定する
  3. 湿気がたまりやすい場所は除湿する
  4. 窓の結露をとる

この4つです

室内を毎日きちんと換気することが大切です

空気を入れ替えることで、室内の湿気、カビの胞子、など空気を入れ替えることができます。

日中の寝室は換気するべきです、雨が降っていなければ窓をあけておきましょう。
空気を入れ替えることができスッキリするので夏でも冬でも換気は忘れないようにしましょう。

最近は24時間換気機能付きの住宅も増えています。

しかし
こうした住宅でない場合は台所の換気扇を回す。
晴天の日の正午~午後2時頃
「換気扇からなるべく遠い窓を15センチメートルほど開けると空気の流れがよくなる」

といったポイントを押さえましょう。

 

加湿器の設定は弱めに

加湿器の強弱設定ができるので
湿気がたまりやすいお部屋の場合はなるべく弱めで設定して

湿度 40~60% くらいを目安に湿度を調整しましょう。

 

 

湿気がたまる場所は除湿する

特に寝室は窓際や布団の下などに結露がたまりやすくカビが発生しやすいので、

  • 朝起きたら必ず換気をする
  • 窓際の結露はしっかりふき取る
  • 扇風機などで乾燥させる
  • 布団はなるべく外干しすることを徹底しましょう!

雨などで布団が外に干せないときは、
冬場は使っていない扇風機を引っ張り出してそこに布団をかぶせるようにしています。

コインランドリーの乾燥機も便利です。

どうしても忙しくてそんなことすらしている暇がないというときには

布団を二つに折りたたんでおくだけでもいいそうです。

布団を敷きっぱなしにしておくより、二つ折りにしておいたほうが湿気が逃げます

そして晴れた日や曇りの日はすかさず外に干しましょう!

「カーテン生地の下の部分もカビができやすい」ので自宅で洗濯可能であれば時々洗うといいです

 

窓の結露をとる

加湿器 部屋 カビ 結露

結露したらなるべく早く拭く

結露した水分をそのままにしておくと
その水分が蒸発して部屋の湿度をあげます。

また、水分はカビの原因になるので
面倒でも結露水はこまめにふき取りましょう。

部屋を暖め過ぎない

結露の原因は外気との温度差で起こります。
部屋を暖め過ぎると余計に結露が発生しやすくなるので、部屋の暖め過ぎには注意しましょう。

室温は18〜22度くらいが適温といわれています。
暖房などを使われる際はこの温度を目安にしましょう。

 

どんな場所にカビが発生する?

カビが発生しやすい場所は、収納スペース、水まわり、北側の部屋などです。
押入れなどの収納スペースは、普段から戸を閉めていることが多いので、
湿気がたまりやすくなっています。

キッチン、浴室、トイレなどの水まわりは、どうしても高温・多湿になります。

北側の部屋は他の部屋よりも温度が低いので、温度差によって結露が発生しやすくなります。

カビの発生条件

温度、湿度、空気、栄養源…この4つの条件が揃ったときに、カビが発生します。

温度

カビは0度以上あれば、活動できるとされています。
カビの増殖には25~30度が適温になっています。

湿度

70~80パーセント以上の湿度になると、カビが活発に増殖します。
私たちが心地良いと感じる湿度は、約40~60パーセントです。

加湿器 カビ 喉 微生物 湿度

ASHRA(アメリカ暖房冷凍空調学会)1995年より

 

空気

カビも私たちと同様に、空気がなければ生きていくことはできません。

 

栄養源

カビは、木材、食品、繊維、鉄など様々なものを栄養源とします。
家の中にあるものはほとんど栄養源になります。

 

 

加湿器の上手は使い方

加湿器 カビ 掃除方法

1晩中つけておくと室内の湿度が上がりすぎて結露の原因になります。

寝るときに暖房を消すと部屋の温度が下がって
湿度が上がる傾向にあります。

暖房を消すと同時に加湿器の電源も切る習慣をつけましょう。

加湿器を使っているときは
暖房の風などは加湿器に当たらないように離れたところに置きましょう。

 

もし、寝るのと同時に加湿器を消してしまうと翌朝のどや顔が乾燥してつらいというときには、
1~2時間ほどタイマーをかけておき、自動で消えるようにしておくとよいでしょう。

タイマー運転にする場合は、
寝ている間に水がなくならないように加湿器のタンクの水は満タンに補充しておきましょう。
夜中に水がなくなると加湿効果が薄れてしまいます。

水切れによって加湿器から大きな音が鳴る場合もあるので、
赤ちゃんや小さい子供がい目を覚ましてしまう可能性もあります。

 

加湿器をタイマー運転しても部屋の乾燥が気になる時には
濡れタオルを寝室に干したり、洗濯物を部屋干ししましょう。

室内に濡れたものを置くことで水が蒸発し、湿度が上がります。

 

 

加湿器が一番効果的に使える場所。正しい置き場所は?

効率的な加湿をする為に加湿器の正しい置き場所を知っとくとよいでしょう。

 

エアコンの風が直接当たらない場所

加湿器の温度センサーが誤作動してしまうため、
エアコンの風が直接当たる場所は避けましょう

 

テレビなどの電化製品から離す

水分、結露、湿気による電化製品の故障の原因になります

 

結露ができないように窓から離す

先ほども書きましたが、結露ができる原因は室内の湿度と 室内と外気の温度差なので
窓の近くに加湿器を置くと 結露が大量に発生してしまいます。

 

 

加湿器のべストな置き場所

・風の当たらないエアコンの直下(1m以内)

湿気を含んだ空気が上に上がりそれをエアコンが部屋中にまいてくれます。
エアコンの風を上手く使いましょう。

 

 

 

・部屋の中央寄り

出入口の近くに設置してしまうと、
加湿をした湿度が逃げてしまいます。
換気扇の近くに設置するのも湿度が逃げてしまいます。

 

・設置高さは、70~100㎝の高さ(机の上など)

湿度は

温度が低いと湿度が高くなり、
温度が高くなると湿度は低くなるという性質があります。
冷たい床に加湿器を設置すると、加湿器のセンサーが湿度を高めに設定するので
加湿をしたい床上100cmのあたりがうまく加湿できなくなります。

 

 

加湿器の代わりに濡れタオルを使うのは有効か?

加湿器を使って部屋の湿度を適度に保つのも良いですが、
加湿器自体にカビや雑菌が発生して「加湿器病」の心配や電気代の心配もあるので

加湿器を使わないで加湿する方法はないのか?というと

濡れタオルを吊るしたり、洗濯物の部屋干しが有効になります
タオルを濡らして、水がたれないくらいに絞り部屋干ししておけば湿度はあがります。

部屋の広さにもよりますがタオル一枚でたりない場合は
洗濯物を部屋干しするとよいでしょう。

とっても低コストです。

 

冬の洗濯物の部屋干しも暖房をつけたエアコンの前につるしておけば
乾きやすく、部屋干し臭くなりにくいです。

石油ストーブなどの近くに部屋干しするのは、火事を避けるため
離しておくようにしましょう。

 

インフルエンザにならない適正な湿度は?

インフルエンザにならないための適正な湿度は?
湿度50%前後とされています

加湿器 カビ 喉 微生物 湿度

ASHRA(アメリカ暖房冷凍空調学会)1995年より

厚生労働省より インフルエンザ予防の適度な湿度

適度な湿度の保持

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

(引用:厚生労働省 インフルエンザQ&A より)

デジタル湿度計があると便利です。

デジタル湿度計があると便利です
乾燥対策だけでなく、熱中症対策にも使えます。

 

【まとめ】

今回ご紹介した加湿器の正しい使い方、カビを防止する簡単なコツを使って
部屋にカビを発生させないで喉も痛くない、インフルエンザも怖くない 快適な生活をお過ごしください。

加湿器を使うと部屋にカビがはえる?

普通に部屋の換気をしていれば、部屋にカビがはえる心配は少ないです

加湿器を使うならしっかり部屋の換気をするということを胸に刻んでください。

  1.  部屋の温度は18℃~22℃
  2.  湿度は 50%前後
  3. 1~2時間に一度の 換気

 

以上を徹底しましょう

 

カビを発生させないために注意すること

室内でカビを発生させないために次のことに注意してください

  1. 室内換気をする(日中は窓をあけておく)
  2. 加湿器の設定を弱めに設定する
  3. 湿気がたまりやすい場所は除湿する
  4. 窓の結露をとる

この4つです

 

どんな場所にカビが発生する?

カビが発生しやすい場所は、収納スペース、水まわり、北側の部屋などです。

 

カビの発生条件

温度、湿度、空気、栄養源…この4つの条件が揃ったときに、カビが発生します。

 

加湿器の上手は使い方

暖房を消すと同時に加湿器の電源も切る習慣をつけましょう。

加湿器を使っているときは
暖房の風などは加湿器に当たらないように離れたところに置きましょう。

 

加湿器が一番効果的に使える場所。正しい置き場所は?

エアコンの風が直接当たらない場所

テレビなどの電化製品から離す

結露ができないように窓から離す

 

加湿器のべストな置き場所

・風の当たらないエアコンの直下(1m以内)

・部屋の中央寄り

・設置高さは、70~100㎝の高さ(机の上など)

 

加湿器の代わりに濡れタオルを使うのは有効か?

濡れタオルを吊るしたり、洗濯物の部屋干しが有効になります
タオルを濡らして、水がたれないくらいに絞り部屋干ししておけば湿度はあがります。

 

 

インフルエンザにならない適正な湿度は?

インフルエンザにならないための適正な湿度は?
湿度50%前後とされています

加湿器 カビ 喉 微生物 湿度

ASHRA(アメリカ暖房冷凍空調学会)1995年より

 

 

加湿器のカビが原因で喉が痛い!咳がでる!加湿器病の症状と見分け方と対策|乾燥した冬も快適に過ごす湿度とは?

加湿器とカビの怖い関係そして対策方法のまとめ

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*