災害対策

災害時の緊急用トイレの作り方|災害時のトイレ事情

熊本地震発生から 時間が経ちボランティアや支援物資が送られ
復興に向けて動きだす この時期に必要とされ、問題になってくるのが

トイレのことです。

 

 

想像してみてください。
災害に会ったとき 何を考えるか?

 

まずは自分の身の安全。
家族の安否確認。

避難所に行き場所の確保をして

食べ物、飲み物の確保。と思いつくかもしれません。
しかし、大事なことを忘れていませんか?

トイレどうしよう・・・

 

便秘に効果がある水の飲み方

 

 

震災や災害が起きるとライフラインが止まってしまい
水は出ないのはもちろん

下水施設やトイレなどの排水は使用できなくなり
便器はあっという間に大小便で一杯になり

衛生環境が悪化し
感染症の原因になります。

トイレが不衛生になり、臭い、汚い
暗い、怖い、使い勝手が悪い、遠い、寒いなどの理由で
トイレの回数を減らすため

水分や食事を減らし

その結果、脱水症状になったり
慢性疾患の悪化、体調を崩したり

熊本地震で大きく問題となっている
エコノミークラス症候群など
命に関わります。

 

 

災害時に
お腹いたい! あ~どうしよう~ と トイレに困らないように

災害時のトイレの使い方、
災害に備えた トイレについて覚えておいてください。

続きを読む

備蓄水の必要量と確保の方法|災害時に水で困らない8つの対策

熊本地震がまだまだ続いているなか、日本は地震大国だと思い知らされました
東日本大震災の教訓が活かされているかどうかと問題になってますが

災害時の備蓄水でどうやって確保するか悩んでいませんか?

ぬうマッチョ!!
家族が多いし、保存場所や収納場所も確保しなければいけないと
東日本大震災の時に悩みました。

水回りの専門家として
相談も受け、実践している方法があります

ここでご紹介する8つの対策を使えば、
災害時に困らない量の備蓄水を確保することができます。

 

水分が不足すると命にかかわります
熊本の震災では、車での生活をしている人も多く、
エコノミークラス症候群になる人がたくさんいました。
エコノミークラス症候群って、水分不足も原因のひとつなんです。

 

 

 

備蓄水 必用量と確保の仕方 ペットボトル

 

続きを読む