備蓄水の必要量と確保の方法|災害時に水で困らない8つの対策

熊本地震がまだまだ続いているなか、日本は地震大国だと思い知らされました
東日本大震災の教訓が活かされているかどうかと問題になってますが

災害時の備蓄水でどうやって確保するか悩んでいませんか?

ぬうマッチョ!!
家族が多いし、保存場所や収納場所も確保しなければいけないと
東日本大震災の時に悩みました。

水回りの専門家として
相談も受け、実践している方法があります

ここでご紹介する8つの対策を使えば、
災害時に困らない量の備蓄水を確保することができます。

 

水分が不足すると命にかかわります
熊本の震災では、車での生活をしている人も多く、
エコノミークラス症候群になる人がたくさんいました。
エコノミークラス症候群って、水分不足も原因のひとつなんです。

 

 

 

備蓄水 必用量と確保の仕方 ペットボトル

 

スポンサードリンク

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

●備蓄水の必用量 飲み水はどれくらい必要?

 

備蓄水の必用量の飲み水はどれくらい必要かというと
一人一日3リットル×3日分=9リットル が目安です
人間が生命を維持するために必要な水の量は
「成人で1日2リットルから2.5リットル」といわれています。
これに余裕を加えた3リットルを3日分程度、最低限備蓄しておきましょう。

過去の災害後の状況から推察して
3日後くらいには給水車が支援に回ってきています。

余裕をみて できれば 5日分 一人当たり 15リットル を飲料用の備蓄水として
確保したいところです。

 

人間が必要な水分量の詳細はこちら
「一日どれくらいの水を飲めばよいか?」

 

4人家族だったら 15リットル × 4人 = 60リットル

備蓄水 ペットボトル 12リットル

2リットル 6本入り(12リットル) の ペットボトルの箱が 5箱分になります

 

 

5人家族だったら 15リットル × 5人 = 75リットルになります。

備蓄水 ペットボトル 12リットル

2リットル 6本入り(12リットル) の ペットボトルの箱が 6~7箱分になります
では、こんなにたくさんの水を備蓄するにはどうすればいいのでしょうか?
安心してください。
救水戦隊!!スイセンジャーのぬうマッチョが8つの対策を紹介します。

●水道水を汲み置きして飲用水を確保する(対策1)

 

ポリタンクやペットボトルなどに水道水を汲み置きする方法があります。
持ち運びを考えるとペットボトルの方が使用しやすいです。
ペットボトルは箱に入れて保存すると積み重ねもでき収納スペースを有効活用できます。

 

水道水をくみ置きする場合は、次の事項に気をつけましょう。

・ 密栓できる容器(ポリタンク、ペットボトル)をよく洗ってから使用してください。
・ 水道水は容器の口までいっぱいに入れ、ホコリや雑菌が入らないようにしっかりとフタをしましょう。

※水道水に含まれる残留塩素は空気に触れる面が少ないほうが長くもちます。
・ 保存場所には冷暗所を選びましょう。

・ 残留塩素は20リットル容器で約1週間程度は残留し、安全ですが、
3日間を目安にして水をくみ換えましょう。

※2残留塩素には消毒効果があり、細菌の繁殖を一定程度抑えることができますが、
時間が経つと残留塩素が減少するため、細菌が繁殖しやすくなります。

・ 家庭用浄水器では、残留塩素を取り去ってしまうものがあります。
残留塩素が減少した水は細菌が繁殖しやすく保存には向きませんのでご注意ください。

 

●ローリングストック法で飲用水を確保する(対策2)

ローリングストック法とは

備蓄量と賞味期限を見比べながら随時使い足して行く循環備蓄です。
(例えば賞味期限2年間のペットボトルを24本ストックする必要がある場合は、毎月1本を飲んで一本購入という具合です))

ローリングストック法

参照:埼玉県 イツモ防災 防災マニュアルブック「命を守る3つの自助編」

 

 

 

・ペットボトル飲用水を使ったローリングストック法

 

箱でのストックが容易で、長期保存が可能です

最長5年保存できるものもあります。

長期保存が可能なので各自治体で使用されている場合も多く
賞味期限が近づいたら BBQやキャンプなどアウトドアなどに使用すると良いでしょう。

 

備蓄水 ペットボトル 12リットル

 

 

水道水を汲み置きしても、
ペットボトル飲用水を使ったローリングストック法でも

4人家族なら 5箱、 5人家族なら 6~7箱 

と かさばるし、水の出し入れ、管理も大変ですよね。

 

 

 

そこで オススメが

 

・ウォーターサーバーを使ったローリングストック法

ウォーターサーバーとは
手軽にミネラルウォーターが楽しむことができ、定期的に宅配される衛生的で美味しい水を専用サーバーで冷水や温水として楽しめ
備蓄用飲料水としても人気を集めています。

普段から飲用水として使ったり、料理や赤ちゃんのミルク作りに使うことができるので
備蓄水のローリングストック法としては最適です。

 

ウォーターサーバーもたくさん出てます

その中でも女性や高齢者にやさしいウォーターサーバー

「COSMOWATER(コスモウォーター)」なら 普段の生活で
負荷がなく 備蓄水を確保できます!
日本初の足元ボトル交換タイプのサーバーが登場したことで、
女性や高齢者でも片手で楽に水ボトルをセットすることができるようになり
累計出荷台数が100万台を突破した天然水宅配市場でいちばん売れてます



 

●エコキュートなどの貯湯タンクを設置して飲用水を確保する(対策3)

エコキュートとは

お湯を沸かす給湯器の代わりに設置されるヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機。

 

主に

  • 家庭用給湯の省エネがCO2削減
  • 高効率で沸かす
  • 主に夜間電力使い、昼間の電気使用量を抑えます

など 節電、エコロジーの面で設置を検討する方が多いですが

 

195リットル ~ 460リットル のお水(お湯)を貯えられるので
災害時、電気が止まっても
タンク本体の『非常用取水栓』から貯まっている水を取り出すことが可能です。
「非常用取水栓の使い方」はタイプによっても変わるので
タンク本体下部のラベルをご覧ください。

備蓄水としての使用が可能です。

 

エコキュートの詳細はこちら
パナソニック エコキュートのしくみ

 

 

エコキュート 備蓄水

 

 

●携帯型浄水器を準備して飲用水を確保する(対策4)

 

飲料水の備蓄水は非常に重要な事ではありますが、
重くてかさばる、収納場所に困るという難点があります。

 

自宅での備蓄でもそうなのですから、一時的に避難所等に避難する場合に持ち出すとなると、
女性や高齢者の方には辛いことです。
そんな時に重宝するのが「携帯型浄水器」。

 

近くに川や湖があれば、その水を飲料水に浄化してくれ、
水道水が濁っていたり給水車の水がお腹に合わなかったりする場合にも役立ちます。

生活用水として確保しておく
湯船の水も最悪の場合 飲み水として使用できるので
一つ準備して置くと良いです。

 

 

放射性物質も排除する高機能
ボトルタイプのモノや

Seychelle セイシェル 携帯浄水ボトル」

 

 

 

携帯に便利な ストロータイプの浄水器もあります

「ストロー浄水器 mizu-Q」

 

 

 

 

 

●災害時給水拠点(災害時給水ステーション)を確認して緊急時の飲用水を確保する(対策5)

 

災害や震災等により断水した際に、水を配る場所になります。
ご自宅、会社地域の 「災害時給水拠点」を確認しておきましょう。

 

東京の災害時給水拠点はこちらになります

東京都水道局 覚えてください!お近くの災害時給水ステーション(給水拠点)(一覧) 

・水を運ぶ手段を考えておく

水を配られるときのことを考えて
水を運ぶ手段を考えておきましょう。

 

水の入れ物

ポリタンク、ペットボトルなど
収納に便利な折りたたみ式のポリタンクが便利です

 

 

 

 

運ぶ方法

台車、自転車、キャリーカーとなど 重たい水を運ぶ方法を考えておきましょう。

 

マンションなどの高層階に住んでいる方は要注意!!

災害時は電気が止まっていることが多く
エレベーターを使うことができません。
重い水を階段を使って上り下りするのは大変なので

備蓄水も多めに保管するようにしましょう。

 

実際に調べてみるとキツイ災害給水拠点との距離

 

「給水地点の場所を調べたら、思いのほか遠くて、
片道30分以上かかるんじゃ…って思いました。

子持ちで、こんな、無理だわ、って思いました^^;

これが高校生くらいの男子がいるなら力仕事も頼りにできるのでしょうが…

カートで夫が持ち帰るっていったって、いやー、大変だなぁと思いました。うちの夫、腰痛持ちだし。。

重いものはヤマトのお兄さんに宅配してもらう生活に慣れている身としては、
実際こんな事になったら…ブルブル…とリアルで思いました。
あと東京は高層マンションも多いので、エレベーター止まったらと思うと地獄ですね。
うちは5階ですがそれでもキツイ。」

災害時給水拠点の場所についていただいた感想です。

災害時に水を運ぶのは力仕事ですね

近隣の高齢者の方のことを考えると
1世帯以上の水を運搬することも視野にいれなければいけないです。

 

それを考えると備蓄水の量も
高層階に住んでいる方は5日分以上の確保した方が安心かもしれません

 

●飲料用以外に必要になる生活用水をお風呂に貯める(対策6)

飲料用に以外に使用する水も多いので
湯船には常に水がある状態にしておきましょう。

通常のサイズのお風呂であれば
180~200リットルの水をためることができます。

 

飲料用以外に備蓄すべき水の種類は、次の様になります。

  • 食事用
  • 衛生・風呂用
  • トイレ用

 

 

食事用

ご飯を炊いたり、麺類をゆでたり、またインスタント食品に利用をするなどが考えられます。また味噌汁、カレーなどの汁物にも多くの水が必要となります。

煮炊きをする水として、食材をゆでたり、またレトルト食品を暖めるのにも使います。
ただし、基本的には煮汁がそのまま完成品となることが多いので、「食べない水」が求められるケースは、加熱用に限られてきます。

 

衛生・風呂用

手や顔を洗ったり、歯を磨いたり、風呂やシャワーを使うために利用する水です。
衛生維持は飲料水や食事用の水と異なり、なくても「死なない」ため、優先度はやや下がります。

水のいらないシャンプーや歯ブラシを用意することで節水することができます

 

トイレ用

水洗トイレを利用するためにも、大量の水が必要となります。
トイレの種類、時期によって必要な水の量が異なってきますが、おおよそ1回あたり10リットルの水が必要となります。

風呂の水をためておいてトイレに流す、ということもよく提案されますが、

場合によって 排水管や排水システムも災害の影響で止まっている場合が多いです

携帯用のトイレを備蓄しておく、
場合によっては紙おむつ、生理用品、紙類とビニールの組み合わせ、などで補う必要もあります。

 

災害時のトイレ問題も命に関わる重大なことです
トイレに行きたい・・・困った とならないためにも

「災害時の緊急用トイレの作り方|災害時のトイレ事情」 も 見ておいてください

●災害時の節水方法(対策7)

災害時に知っておくべき節水知識

実際災害が発生した際に、飲料や生活用水をどう使うのか?
どうやって排水しないで済ませられるのか?
具体的に想定して一年に一度くらいは 家庭でも節水方法を考えて1日過ごしてみると、どのくらいの水がどのように活用できるのかイメージしやすくなります。

節水効果のある備蓄食品は レトルト食品です

備蓄食品でも、食事の都度お湯を使い切ってしまうカップラーメンよりは、
温めに使ったお湯を何度も利用できるレトルト食品の方が、節水効果があります。

そもそもお湯を使う必要のない缶詰などの備蓄食品も、災害時には役立ちます。

うどんやそばなどを茹でたお湯は、洗濯から掃除、最後の一滴まで活用する
麺類を茹でた水は、洗濯や掃除にも使いましょう。

麺類を茹でた水は使いまわしがききます

食器は洗わないで繰り返し使用します。

水が使えなくなると、食器も洗えません。お皿にラップを巻いて使う度に剥がしたり、
箸やカップはウェットティッシュで拭き取ったりします。

手洗い
ウェットティッシュや手指消毒剤を用いて水を使わない

洗面
同様にウエットタオル等で処理し、水を使わない

歯磨き
極力少量の飲料水でゆすぐ

入浴
水道復旧までは避難所や臨時浴場利用する
なるべくウェットタオルで体を拭いて清潔にする

洗濯
下着等の必要最小限に限定して少量の水で済ませる

食器洗い
紙コップ等の利用の他、食器をラップしたり、ビニール袋で包んで使うなどして、食器を洗わないで使用する

水洗トイレ
水道復旧までは利用できないので、災害用トイレなどを使用する

 

災害用トイレには2つのタイプがあります。

 

 

災害用 簡易トイレ

組み立てるとトイレとして使用できタイプ

災害後の断水時に水を使わずに安心して衛生対策がとれる簡易トイレです
消臭効果の優れた抗菌性凝固剤を使い、使用後は可燃ごみとして処分でき、コンパクトサイズだから備蓄スペースも最小限でOK。

災害用トイレマイレット100・便座付
価格:19950円(税込、送料無料)

 

 

 

 

災害用 トイレ 処理剤

普段使っているトイレを使用して 水を使わず 処理剤を使う タイプ

災害時に水を使わず排泄物を処理しやすくする処理剤です。

排泄物をゼリー状に包み込むため汚物の臭いが軽減され
毎回捨てに行く必要がないので、廃棄の手間も軽減されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●災害時に水がありそうな場所を見つけて生活用水に使えるか考えておく(対策8)

 

水回りの専門家として建築関係の業者さんや
色々な建築施設などに携わります。

熊本大地震のことが頭から離れず ふと目に付いた

給水タンク

備蓄水 舗装カッター屋さんの給水タンク

 

道路工事に使う舗装カッター屋さんの 給水タンクです。
なんと 2.5t 2500リットルの水が入れられるというのです!

仕事がら この給水タンクには常に水が入っているとのことです。

工事現場では水が無い現場も多いのでこういった 給水タンクをみかけることが多いです

もしかしたら近くの工事屋さんにも ストックされた水があるかもしれません。

 

給水をストックしてそうな 工事業種

  • 舗装カッター屋
  • 植木屋
  • 杭打ち屋(地中に杭を打ち込む工事)
  • 推進工事屋(配管工事の際地中にドリルで穴を開けていく工事)
  • マンションなどの工事現場の高圧洗浄機
  • 道路清掃車

 

看板や社名を見ても パッとわかりにくいかもしれません
こういった工事業者に水をローリングストックしておいてもらうよう
自治体などからも声をかけていけるといいですね!

 

 

水がありそうな 建築施設

  • プール
  • 公園などの池
  • マンション、ビルなどの受水槽
  • 大型施設の雨水貯留槽
  • 魚屋さんのイケス
  • 工場など (受水槽があったり、地下水をくみ上げている場合がある)
  • ガソリンスタンドやタクシー会社(洗車用に地下水をくみ上げている場合がある)

 

水を貯めている場所があれば「携帯浄水器」で飲み水として使うことも可能になります

 

2NG1CcljavKVO9M1465170636_1465171139

 

【まとめ】

今回ご紹介した8つの対策を使えば、
備蓄水や災害時の水の確保に困らず

災害時に必用量の水を確保にすることができます。

  • 水道水を汲み置き飲用水を確保する(対策1)
  • ローリングストック法で飲用水を確保する(対策2)
  • エコキュートなどの貯湯タンクを設置して飲用水を確保する(対策3)
  • 携帯型浄水器を準備して飲用水を確保する(対策4)
  • 災害時給水拠点(災害時給水ステーション)を確認して緊急時の飲用水を確保する(対策5)
  • 飲料用以外に必要になる生活水をお風呂に貯める(対策6)
  • 災害時の節水方法(対策7)
  • 災害時に水がありそうな場所を見つけて生活用水に使えるか考えておく(対策8)

 

 

 

 

●備蓄水の必用量 飲み水はどれくらい必要?

 

一人一日3リットル×3日分=9リットル  が目安ですが

余裕をみて できれば 5日分 一人当たり 15リットル を飲料用の備蓄水として
確保したいところです。

 

 

●水道水を汲み置きして飲用水を確保する(対策1)

ポリタンクやペットボトルなどに水道水を汲み置きする方法があります。
持ち運びを考えるとペットボトルの方が使用しやすいです。
ペットボトルは箱に入れて保存すると積み重ねもでき収納スペースを有効活用できます。

 

●ローリングストック法で飲用水を確保する(対策2)

 

ローリングストック法とは

備蓄量と賞味期限を見比べながら随時使い足して行く循環備蓄です。
(例えば賞味期限2年間のペットボトルを24本ストックする必要がある場合は、毎月1本を飲んで一本購入という具合です))

 

  • ペットボトル飲用水を使ったローリングストック法
  • ウォーターサーバーを使ったローリングストック法

があります

 

 

●エコキュートなどの貯湯タンクを設置して飲用水を確保する(対策3)

 

エコキュートとは

お湯を沸かす給湯器の代わりに設置されるヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機。

195リットル ~ 460リットル のお水(お湯)を貯えられるので
災害時、備蓄水としての使用が可能になります。

 

 

●携帯型浄水器を準備して飲用水を確保する(対策4)

 

自宅での備蓄でもそうなのですから、一時的に避難所等に避難する場合に持ち出すとなると、
女性や高齢者の方には辛いことです。
そんな時に重宝するのが「携帯型浄水器」です

 

●災害時給水拠点(災害時給水ステーション)を確認して緊急時の飲用水を確保する(対策5)

災害や震災等により断水した際に、水を配る場所になります。
ご自宅、会社地域の 「災害時給水拠点」を確認しておきましょう。

水を運ぶ手段を考えておく

  • 水の入れ物
  • 運ぶ方法
  • マンションなどの高層階に住んでいる方は要注意

 

 

●飲料用以外に必要になる生活水をお風呂に貯める(対策6)

飲料用に以外に使用する水も多いので
湯船には常に水がある状態にしておきましょう。

通常のサイズのお風呂であれば
180~200リットルの水をためることができます。

 

飲料用以外に備蓄すべき水の種類は、次の様になります。

  • 食事用
  • 衛生・風呂用
  • トイレ用

 

●災害時の節水方法(対策7)

災害時に知っておくべき節水知識

実際災害が発生した際に、飲料や生活用水をどう使うのか?
どうやって排水しないで済ませられるのか?
具体的に想定して一年に一度くらいは 家庭でも節水方法を考えて1日過ごしてみると、どのくらいの水がどのように活用できるのかイメージしやすくなります。

 

●災害時に水がありそうな場所を見つけて生活用水に使えるか考えておく(対策8)

 

給水をストックしてそうな 工事業種

 

  • 舗装カッター屋
  • 植木屋
  • 杭打ち屋(地中に杭を打ち込む工事)
  • 推進工事屋(配管工事の際地中にドリルで穴を開けていく工事)
  • マンションなどの工事現場の高圧洗浄機
  • 道路清掃車

 

水がありそうな 建築施設

  • プール
  • 公園などの池
  • マンション、ビルなどの受水槽
  • 大型施設の雨水貯留槽
  • 魚屋さんのイケス
  • 工場など (受水槽があったり、地下水をくみ上げている場合がある)
  • ガソリンスタンドやタクシー会社(洗車用に地下水をくみ上げている場合がある)

 

 

 

自分や家族単位で水の確保も大事ですが

 

高齢者の方や一人暮らしの方のことを考えると 地域の協力が必要になり、
自治会や近隣、地域で考えると多くの備蓄水の確保が可能になります。

また、1年に一度は家族で災害時の

  • 水の確保
  • 連絡方法
  • 節水体験
  • 災害用 トイレの使用方法

などのシュミレーションをするとよいでしょう。

 

いざという時のために!!

 

 

埼玉県のホームページ イツモ防災 「防災マニュアルブック」を

スマホにダウンロードしておくと便利です!

埼玉県 イツモ防災 防災マニュアルブック「命を守る3つの自助編」はこちらから

 

あふれだすアイデア!
豊富なエクスペリエンス!

子供の寝顔に 癒される!

救水戦隊スイセンジャー!ぬうマッチョ!!

快適生活を 守りぬく!!

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*