赤ちゃんが元気に育つにはママの食べ物、飲み物が大事|水が大切な理由

 

妊娠、出産、赤ちゃんを授かった時
赤ちゃんに健康で丈夫な体で生まれて

そして 幸せな人生にして欲しいと思うのは親として当然な願いです。

そのために
良いものを口にして良いものを赤ちゃんに届けたいと思うけれど
何から始めればいいか わからず 悩んでいませんか?

ぬうマッチョも 初めての妊娠、出産のときは
何から初めていいかわからず あたふたしてしまいました。

ママだったら なおさら大変ですよね。

ここで紹介する。助産師さんから教わった食べ物、飲み物の前に まずは飲み水のことを考えると
色々試して 失敗せず 元気な赤ちゃんと育児を楽しむことがでるようになります。

初めはあたふたして苦戦した 出産、育児ですが、

毎回、情報を集めて工夫して考えた 赤ちゃんの健康とママの体のことを

 

五人の子供と一人の孫 家族みんなが元気な
ぬうマッチョ!が解説します

まずは、
おろそかにしやすい大事な「水」のことをわかりやすくまとめたので 考えてみてください

 

子ども earthwaterを飲んでみた

スポンサードリンク

初めての出産

初めての出産

 

愛妻はなぜか落ち着いていましたが

始めて、子どもを授かった喜びと不安で右も左もわからなくて

あたふたしてました。
陣痛! どうすればいいの? と慌てふためき。

 

 

陣痛 慌てる 対応

陣痛 あわてる 対応

 

 

出産立会い 助産師さんの指示にしたがって 愛妻の背中をさするだけ
ふぎゃ~と 弱弱しい声で生まれてきて
血だらけの赤ちゃんをみて びっくり!

 

 

出産 立会い

 

 

オムツの交換?布オムツって何?
赤ちゃん服?肌着?
首がすわらない 赤ちゃんを おそるおそる ベビーバスで入浴。

 

赤ちゃん 入浴 ベビーバス

 

夜泣きで 疲れている愛妻に代わって
眠い中 おっぱいが出ないから 抱っこしながら あやしたり
白湯やミルクを時間をかけて 夜な夜な作ったり

赤ちゃん 夜泣き ミルク

 

ただ、そのとき、目の前にある子育ての問題を解決していくことに手がいっぱいでした

 

 

2人目の出産と助産師さんのアドバイス|ママが食べるものと赤ちゃんの関係

 

2人目を授かったときには少し余裕がでてきて、知り合ったママ友達から 教えてもらったこと
助産師さんから聞いたママが食べるものと赤ちゃんの関係を注意されました

 

助産師 忠告 アドバイス

 

ママの食事が、母乳の元となる

ママの食事が、母乳の元となり
母乳には、赤ちゃんが健やかに育つために必要な栄養が、ほぼ完全に含まれます。
特に初乳には、生まれたばかりの赤ちゃんをさまざまな感染から守る抗体が含まれているのでとても重要なのです。

母乳は、ママの血液が変化したものなので、母乳の成分は、ママが食べたり飲んだりしたものに他なりません。
授乳中のタバコやお酒が禁止されるのも、そのためです。
妊娠中と同じように、授乳中のママも食事に気を付けなくていけません。

血液が変化したものなので、血液の中の糖分や脂肪分が多くなりすぎる食事は、血液の流れを妨げ、母乳の出に影響を及ぼします。
授乳中は、できるだけヘルシーな食事を心がけることで、ママの健康管理にもつながります。

 

 

ママが食べるもの、飲みものは 安全で良質なものを選ばなければいけないとわかりました。

 

 

妊娠中には体脂肪を多く蓄積し、授乳期には食事から脂肪摂取量が少ない女性の方が母乳へのエネルギー移行量が多い

 

参照:母乳育児も、バランスのよい食生活のなかで

などのネットからの知識も増やしました。

 

だけど 何からはじめればいいかわからず

無添加の食品や自然食品を選んだり
有機栽培の野菜を探したり 食べ物にこだわっていたけれど

食べ物ばかりに目がいってしまい 大切な飲み物
特に 「水」についてはおろそかになってしまいました。

 

1日に2,000~2,500mℓの良質な水分補給を

1日に2,000~2,500mℓの良質な水分補給を
これも 助産師さんから教えてもらった話です。

赤ちゃんが飲む母乳の、約90%が水分でできていて、ママが摂った水分からできています。
赤ちゃんが1日に1000mℓの母乳を飲んでいるとしたら、ママの体から約900mlの水分が消費されたことになるのです。

それだけに、授乳中のママは、母乳として出ていく分も考えて水分を補給することが大切になります。

特に夕方近くになるとママは疲れてしまい、 忙しさから水分補給も忘れがちになります。 そのため、母乳の出が悪くなり赤ちゃんがぐずる原因ともなってしまいます。 夕方になると赤ちゃんがぐずって困っているというママは、 母乳をしっかり出すためにも自分の水分補給を忘れない様にしてください。

水分不足は母乳の量にも影響するとされています。加えて、水分不足はママの便秘の原因にもなってしまいます。

水分補給必要量の目安は、尿の量+赤ちゃんが飲む母乳の量です。季節や体調にも左右されますが、できれば1日に2,000~2,500mℓの良質な水分を心がけてください。

水分補給のタイミングとしては授乳の後がおすすめです。

また、朝起きぬけにコップ1杯の水を飲むと、便秘解消に効果があります。
一度にたくさんよりも少しずつこまめな水分補給を心がけましょう。

ママに一番必要なのは「水」だとわかりました。

その助産院には 飲みやすいように
ウォーターサーバーがおいてあったのです。

 

健康 美容 美肌に最適なお水

 

 

 

 

どんな水を飲まなければいけないか?母乳、ミルクに最適な水とは?

では、どんな水が母体に良くて、母乳、ミルクに最適な水とはどんな水でしょうか?

赤ちゃんにはミネラル分の少ない軟水が良い

大人は摂り過ぎたミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)を濃い尿として排泄できますが、
腎臓など内臓の機能が未熟な乳幼児は排泄が難しいです。
ミネラルが多い水「硬水」を乳幼児に与えるのは絶対に避けてください。

 

 

●高度が低いお水は赤ちゃんの身体に負担をかけない。

おおよその水の中には、カルシウムとマグネシウムというミネラル成分が含まれて
1リットル中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表す数値を硬度と呼びます。
硬度「mg/L(リットル)」という表記をします。
WHO(世界保健機関)という機関で定められている
「飲料水水質ガイドライン」というものがあり、硬度によって水の呼び方が
軟水と硬水に分けられています。

 

硬度(mg/L(リットル)) 0~60 を 軟水

硬度(mg/L(リットル)) 60~120 を 中軟水

硬度(mg/L(リットル)) 120~180 を 硬水

硬度(mg/L(リットル)) 180 ~ を 非常な硬水

こんな感じで大きく 軟水と硬水に区別されています。
硬水は飲むと喉にひっかかりを感じる人が多く、
軟水はまろやかで飲みやすいというのが一般的です。

日本の水道水の硬度は平均 50~60くらいで、日本人に馴染みのあるのが軟水です。
そして実は硬度が高いと、赤ちゃんの未発達な胃腸に負担をかけて下痢などを引き起こしてしまう可能性が高いのです。

マグネシウムというのは下剤効果があり、大人でも硬度300以上の硬水を飲むと下してしまう事があります。

さらに、ミルク作りにおいては、元々粉ミルクなどは、その成分をお母さんの母乳に近づけて作られているので、カルシウムマグネシウムを含む必要なミネラルがすでに含まれているのです。

 

 

・RO水を選ぶ

RO水とは、
NASAで開発されたRO膜という膜を使用した不純物を取り除いた水のことです。

逆浸透膜で水をろ過する技術(ROシステム)で、
そのフィルターの大きさはわずか0.0001ミクロン。

塩素やコレラ菌・大腸菌などの細菌類はもちろん、
ダイオキシンやトリハロメタン、硝酸態窒素などの不純物・有害物質、
不純物を一切除去したお水をRO水と言います。
有害物質だけではなく、セシウムなどの放射能物質も一切通しません。

このようにRO水は超軟水だと言えます。
純水の中でも最も安全性が高く、
妊婦さんや赤ちゃんに適していると注目を集めています。

 

 

赤ちゃん 水 クリクラ RO水

 

 

マタママ、プレママ、授乳中のママが無料で試せるお得なウォーターサーバー

 

 

  • 軟水であり
  • RO水
  • 100万人が選ぶ
  • 3年連続 お客さま満足度 No.1 の水である

クリクラ お客様満足度

 

クリクラです。

 

成分表は以下のようになっています。

 

クリクラ 成分表

 

【クリクラママ】の詳しい情報をもっと見る


クリクラ公式サイト はこちら

 

 

 

 

今なら なんと ママ 限定で 9本分のボトルが無料でお試しできます。

どの、お試しキャンペーンよりも
圧倒的に安く 試せて 条件がよいのが

「クリクラママ ボトル9本無料キャンペーン」です

 

他の無料お試しキャンペーンと比べてみると

 

ウォーターサーバー クリクラママ 無料お試しキャンペーン比較

 

圧倒的に 条件がよいです。

 

 

ウォーターサーバーと 言っても 、 自分に合っているか?
便利さ、不便さがわからないですよね

 

ボトル9本分 108リットル

3ヶ月以内のお試し期間であれば

ウォーターサーバーがある生活とはどんなものか体感できます。

 

 

【クリクラママ】の詳しい情報をもっと見る

クリクラ公式サイト はこちら

 

良い、水を飲むことで健康な体、赤ちゃんの成長を助けるとともに

今まで、ジュースばかり飲んでいた息子は 虫歯も減って体調がよくなり

一番上のお姉ちゃんは 便秘気味だったのも今は快調になりました。

子どもの元気な笑顔に 元気をもらい
一日一日を精一杯生きた 後のかわいい寝顔に 癒されてください!

両親には元気な孫の姿を見せて 親孝行してあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*